CSKシステムズ、保全実績を収集し設備故障を抑制する製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CSKシステムズ、保全実績を収集し設備故障を抑制する製品を発売


掲載日:2010/07/16


News

 株式会社CSKシステムズは、工場現場での製造実行を支援するための製品・サービス群「製造実行支援」シリーズで、保全業務の品質向上と効率化を支援し、設備故障を抑制するシステム「RFID 保全実績収集」を、発売した。

 「RFID 保全実績収集」では、保全実績を収集し、計画的な予防保全の実行を支援する。利用の際は、それぞれの設備にRFタグを添付し、設備の情報を同システムに登録する。予防保全実施時には、ハンディターミナル(携帯情報端末)に保全対象の設備を容易に一覧表示でき、RFタグを読み取ることで、対象の設備であるか照合できる。保全実施後には、実績の一部を自動収集し、容易に実績を記録できる。収集した保全実績に基づき、予防保全の計画を立案・実施することで、設備故障を抑制できる。


出荷日・発売日 2010年7月15日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

AWS環境に対応した「特権ID管理」、アコーディア・ゴルフはどう実現した? 【CA Technologies】 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 【CA Technologies】 ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 ハイブリッド時代のデータ漏えいを防ぎ、特権IDを一元管理するセキュリティ 【CA Technologies】 「情報漏えい対策製品」に関するアンケート 【CA Technologies】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
事例で学ぶ「特権ID管理」:クラウドファーストとIT統制を両立 脅威分析で自動的にリスク緩和、特権アクセスを守る4ステップ デジタルアイデンティティー管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。 データ漏えいの要因、特権ユーザーアカウントの侵害をどう防ぐ? Amazonギフト券3000円分が当たる★情報漏えい対策製品に関するアンケート実施中

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030591


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ