NEC、処理性能やHDD容量を強化したSOHO/小規模など向けNAS出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、処理性能やHDD容量を強化したSOHO/小規模など向けNAS出荷


掲載日:2010/07/15


News

 日本電気株式会社(NEC)は、主にSOHO/小規模ユーザ向けに、処理性能やHDD容量を強化したNAS「iStorage NS100Ta」を、7月26日より出荷する。HDD容量が500GB×2、1TB×2、2TB×2(いずれもRAID1、SATA)のモデルが用意されており、価格はそれぞれ19万8000円から、24万8000円から、34万8000円からとなっている。

 「iStorage NS100Ta」は、横幅が約93mmと名刺幅程度で、オフィスなどへ容易に設置できる。CPUにPentium G6950(2.80GHz)を搭載し、メモリの搭載容量を標準1GB/最大16GBに拡大したほか、ストレージサーバ専用OS「Windows Storage Server 2008(x64)」を搭載し、処理性能が従来比で最大約35%向上している。また、AC(交流)/DC(直流)変換効率が80%以上であることを示す“80 PLUS”認証を取得した高効率電源の搭載などにより、従来比で待機時最大約45%、動作時最大約15%の省電力化を達成している。


出荷日・発売日 2010年7月26日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

フラッシュ3PARシリーズはどれだけ役立つ? 7つの切り口で検証 【日商エレクトロニクス】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」 【日商エレクトロニクス】 オールフラッシュ導入事例:多数のVMを高速稼働できる理由 【日本アイ・ビー・エム】 自社に最適なフラッシュ製品はどれか? 製品選び4つポイント 【日商エレクトロニクス】
NAS NAS NAS NAS NAS
3PARシリーズを徹底検証! フラッシュストレージの基本性能〜障害耐性まで解明 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」 オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由 自社に最適なフラッシュ製品はどれか? ストレージ選びの「4つポイント」

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030569


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ