NECDS、高精細電子カルテ用24.1型ワイド液晶ディスプレイを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECDS、高精細電子カルテ用24.1型ワイド液晶ディスプレイを出荷


掲載日:2010/07/14


News

 NECディスプレイソリューションズ株式会社(NECDS)は、医療機関向けの高精細電子カルテ用液晶ディスプレイ「MultiSync for HR」シリーズの新商品として、24.1インチ液晶ディスプレイ「MultiSync LCD-PA241W-M」を、7月28日より出荷する。価格は、オープン価格となっている。

 「MultiSync LCD-PA241W-M」では、ワイドな24.1インチ(1920×1200ドット)広色域10ビットIPSパネルの採用、DisplayPort端子からの10ビットカラー入力対応など、高機能化が図られている。また、IPS方式なので、斜め方向からでも色の変化を抑えた優れた表示性能を備えている。

 医用画像の階調特性としてスタンダードな基準になっている、DICOM Part14の階調特性をあらかじめ製造工程内でプリセット、OSD(On Screen Display)操作により、DICOM形式で保存されている医用画像を適切な状態で参照できるほか、ムラを抑える表示性能を備えており、医療現場からの高い要求にも対応する。更に、推奨キャリブレーション輝度(170カンデラ/平方メートル)での長期輝度保証時間(1万5000時間)、5年間の無償保証(ディスプレイ本体のみが対象)など、長期間にわたって使用できる環境も整備されている。

 社団法人日本画像医療システム工業会(JIRA)規格の“医用画像表示モニターの品質管理”に関するガイドライン“JESRA X-0093”の受入試験を製造工程で行ない、その試験報告書を製品に同梱して出荷するため、ディスプレイの品質管理にかかる作業負担の軽減も図れる。また、定期的な表示品位確認(不変性試験:表示品質の変化の確認試験)を行なえる品質管理ソフトウェア「GammaCompMD QA」に対応し、表示品位確認を行なうことで、時間が経過しても診断画像データを同じ画像品質でディスプレイに表示できる。またガンマ特性や白色点、輝度などのキャリブレーションの実施、その履歴管理なども容易に行なえる。

 Picture in Picture、Picture by Pictureの2画面表示機能を搭載。縦置き表示の利用時にはアスペクト比を保持したまま、画面を上下2段に表示でき、優れた利便性を提供する。また、2画面表示機能で異なる2つの“ピクチャーモード”をそれぞれの画面に設定でき、従来2台のディスプレイで行なっていた表示を1台で行なえるため、導入コストと設置スペースの削減を図れる。


出荷日・発売日 2010年7月28日 出荷
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030565


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ