ナナオ、WUXGA対応の22.0インチカラー液晶モニタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ナナオ、WUXGA対応の22.0インチカラー液晶モニタを発売


掲載日:2010/07/14


News

 株式会社ナナオは、22.0インチの画面に高解像度WUXGA(1920×1200ドット)表示が可能で、DisplayPortを含む3系統入力を搭載した、広色域表示対応の56cm(22.0)型カラー液晶モニタ「EIZO FlexScan S2243W-HX」を、7月23日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「S2243W-HX」は、22.0インチの画面にWUXGAの高解像度を表示でき、設置スペースが限られた環境や、高精細画像の閲覧用途に適している。また、コンパクトな1本のケーブルで、映像信号と音声信号をデジタル伝送できるDisplayPortのコネクタを1系統搭載しており、容易にケーブルの脱着を行なえるため、ノートPCの外付けモニタ用途にも利用できる。著作権保護技術のHDCPに対応したDVI-D24ピンコネクタと、アナログ接続に対応したD-Sub15ピン(ミニ)コネクタを各1系統備えているため、最大で3系統の入力に対応する。

 昇降・チルト・スウィーベルの可動範囲が広く、作業しやすく疲れにくい快適なモニタ位置に容易に調整できるほか、縦に長い文章やWebページなどの表示に利用できるモニタ部の縦回転にも対応している。また、Adobe RGBカラー率95%の広色域を表示できるため、AdobeRGBモードで撮影された写真データも、鮮やかな色彩のまま閲覧できるほか、広色域対応のプリンタとの色合せにも適している。

 液晶テレビにも採用されているオーバードライブ回路を搭載しており、中間階調の応答速度が6ミリ秒に高速化されているため、動画の残像感が低減されているほか、立体感に優れた映像を再現できる。また、カラーマッチングツール「EIZO EasyPIX」に対応しており、専用ソフトウェアの手順に従うことで、プリントとモニタ表示の色合せを行なえる。専用センサを同梱した別売りのパッケージ版を使用することで、各種用途に合った適切な表示に、より容易に安定的に調整できる。

 自動調光機能“Auto EcoView”や、“FineContrast機能”により、作業しやすい適切な表示に調整できる。また、1次電源オフ時の消費電力0Wを達成しているほか、画面表示に連動してスピーカーもパワーセーブに移行するなど、低環境負荷設計を採用している。画面の映り込みが目立ちにくいノングレア加工の液晶パネルを採用しているほか、スピーカー/ヘッドホン端子を搭載し、音声ニーズに対応している。周辺機器の接続に利用できるUSBハブを2系統搭載している。


出荷日・発売日 2010年7月23日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

「Surface Pro 4」がワークスタイル変革に使えるこれだけの根拠 【日本マイクロソフト】
ノートパソコン
企業がワークスタイル変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030561


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ