CSK Winテクノロジ、ワークフローのSharePoint 2010対応版等発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CSK Winテクノロジ、ワークフローのSharePoint 2010対応版等発売


掲載日:2010/07/14


News

 株式会社CSK Winテクノロジは、日本企業に求められる複雑なワークフローを構築できるワークフロー製品「Smart Workflow」で、SharePoint 2010への完全対応版と、Office 2010のフォーム作成ツールであるInfoPath 2010に対応した帳票テンプレートを、7月より発売する。

 「Smart Workflow」は、企業内の様々な業務ルールや申請作業を効率化するワークフローツール。社内ポータルやOfficeなどと連携でき、既存のWindows環境に容易に導入できる。差し戻しや条件による分岐といった日本企業独特の複雑な承認フローに対応し、柔軟性に優れた帳票フォームを作成できる。また、ユーザ情報を一元管理するActive Directoryと連携できるため、ユーザ登録などの2重管理が不要になり、シングルサインオンを容易に構築できる。

 今回発売されるSharePoint 2010完全対応版では、SharePoint 2010と連携することで、申請書ポータル機能や申請書の検索機能、承認結果文書の必要項目の一覧表示機能などを利用できる。

 帳票テンプレートでは、容易なフロー図の設定でワークフローを利用できる上、InfoPathで独自の仕様への修正を容易に行なえる。企業内でよく使われる帳票をテンプレート化することで、帳票作成を更に効率化でき、より短期間かつ容易にワークフローシステムを利用開始できるようになる。また、「Smart Workflow」1台構成の小規模サーバ環境に対応したインストーラが提供され、テンプレートと併用することで、導入作業を省力化でき、より早期にシステムを立ち上げられる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

ジョブカンワークフロー 【Donuts】 基幹システム連携/Webワークフロー基盤 楽々WorkflowII 【住友電工情報システム】 ERP連携ワークフロー EXPLANNER/FL (FlowLites) 【NEC】 クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
誰でも使える簡単な操作性と高度な機能を併せ持ったクラウド型ワークフローツール。申請・承認情報は、全てWebブラウザ上で確認できる。 基幹業務のワークフローシステムを素早く簡単に作成するソフトウェア。単純な申請業務のワークフローならノンプログラミングでも構築可能。海外拠点を想定した多国語対応。 パラメータ設定メインの簡単操作、他システムとの優れた連携性、サーバ単位で導入できるコストメリットなどを特長とするワークフロー専用システム。 Google Apps for Workまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。 intra-martのシステム共通基盤型ワークフロー。豊富な機能を持ち、その柔軟なカスタマイズが可能。intra-martの業務アプリケーションや外部システム連携が可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030555


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ