デル、サーバとストレージの新製品などを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、サーバとストレージの新製品などを発表


掲載日:2010/07/12


News

 デル株式会社は、標準技術を基盤にすることで、データセンタの構築・運営・管理にかかる時間とコストの削減を支援する、サーバとストレージの新製品を、発表した。

 ブレードサーバ「Dell PowerEdge M710HD」は、8月中旬発売。仮想化にともなう負荷に対応できるように最適設計されており、高度なメモリ密度、2ソケットのXeonプロセッサ5600番台による強力な処理能力を提供する。フェイルセーフ機能に基づき、冗長化されたSDカードモジュールにハイパーバイザを組み込むこともできる。

 ブレードサーバ「Dell PowerEdge M610x」は、8月中旬発売。NVIDIA社のNVIDIA Tesla GPUや、Fusion-IO社のフラッシュメモリを使用した高速ストレージioDrive DuoなどのPCIeソリューションを組み込むことで、DBやHPCの高速化と高密度化を図れる。これらの製品はOEM提供されるため、サーバ製品のサポートに準じてデルによる保守サービスが提供される。

 「Dell PowerEdge R715」は、7月8日発売。AMD Opteron 6100シリーズを搭載した2u(1u=44.45mm)のラック・サーバで、ワークロードの統合、中小規模のDB、その他のビジネスアプリケーションに適している。また、ブレードエンクロージャ「Dell PowerEdge M1000e」は、ブレードサーバの電力効率向上を図るため、高効率のファンなどを搭載する。同エンクロージャ用の新しい電源装置は、2010年中に提供予定で、日本国内の使用に適したAC110Vに対応する。

 ストレージの新製品「Dell EqualLogic PS6000XVS/PS6010XVS」は、8月下旬発売。SASドライブとSSDドライブが1つの筐体に納められており、記録密度とパフォーマンスに優れている。自動負荷分散とデータ移動技術を搭載した新ファームウェア「EqualLogic ファームウェアv5.0」により、1台のアレイ内部で自動的なデータの階層化を行なえるほか、VMwareで構築された仮想化環境でデータコピー作業にともなうSANネットワーク・トラフィックが95%以上削減され、コピー作業にともなうプロビジョニング時間が最大72%短縮される。

 ストレージ新製品「Dell PowerVault MD3200/MD3200i」は、出荷済み。「MD3200」シリーズは、従来世代の製品に比べ最大2倍のパフォーマンス、ホスト・サポート、容量の拡張性を備えている。また、「MD3200i」は、iSCSIに対応し、中小規模のストレージの統合やサーバ仮想化による統合環境に適している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030521


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ