日立ソフト、コンテンツ運用支援を強化、整備・運用手順書を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソフト、コンテンツ運用支援を強化、整備・運用手順書を提供


掲載日:2010/07/09


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、同社のコンテンツ運用支援ソリューション「MEANS」が提供する「MEANS ファイルサーバスリム化ソリューション」を機能強化し、出荷した。

 「MEANS ファイルサーバスリム化ソリューション」は、企業内のファイルサーバから不要ファイル候補を自動検索し、利用者に推奨表示して削除を促すことで、ファイルサーバの使用容量の節約を支援するソリューション。今回、ソリューションメニューに、“共有ファイルサーバ整備・運用手順書”をベースにした簡易コンサルテーションが追加された。

 同書は、東京レコードマネジメント株式会社の協力により日立ソフトが作成したドキュメントで、“共用ファイルサーバ内に氾濫している大量の電子文書を効率的に整備・運用し、継続的に改善していくためはどうすればよいのか”という観点から、その整備・運用に関する手順がとりまとめられている。共用ファイルサーバ整備・運用体制構築の手順や、整備作業の実施(重要・不要ファイルの選定)、運用ルールの作成(ファイル命名ルール、分類ルール、フォルダルール、更新運用手順など)、運用手順書の作成(アクセス制限、閲覧制限、セキュリティ対応など)、共用ファイルサーバ運用(モニタリング、定期的棚卸の実施、トラブルリスクへの対応)といった内容が記載されている。これにより、ファイルサーバ運用ルールの策定を支援し、運用管理者の作業の軽減を図れる。

 また、サーバ管理コンソールやファイル廃棄コマンドが追加されたほか、削除ポリシー設定GUIが改善されたことで、高度なSEスキルがなくても簡便に運用でき、運用管理者の作業軽減を図れる。

 なお価格は、1サーバライセンス(200万文書対応)が115万5000円(税込)からとなっている。


出荷日・発売日 2010年7月8日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

「日立ソフトウェアエンジニアリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030494


IT・IT製品TOP > 開発 > システムコンサルティング > システムコンサルティングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ