日本SGI、モジュラー型データセンタのラインアップを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本SGI、モジュラー型データセンタのラインアップを拡充


掲載日:2010/07/08


News

 日本SGI株式会社は、サーバやストレージなどのシステム機器をコンテナに格納するモジュラー型データセンタシリーズ「SGI ICE Cube」に、マルチベンダ対応の「ユニバーサルモデル」を追加し、発売した。受注生産のため、価格は個別見積となっている。

 「SGI ICE Cube」では、データセンタ構築での初期投資の軽減、導入・運用管理の簡素化、構築期間・導入時間の短縮を図れる。今回発売された「ユニバーサルモデル」は、SGI製品や他社製サーバ、ストレージを含む様々なラックマウントシステムを搭載でき、コンテナの大きさ、ラックの数や設置方式、消費電力量により4機種が用意されている。冷却方式は、コンテナの天井またはラック間に冷却水を送りシステムからの排熱を冷却する水冷式に加え、フィルタを使用して外気を冷却する空冷式の機種を選択可能になった。また、SGIのラッカブル(Rackable)製品専用で既存の「デュアルローモデル」にも他社製品を搭載できるハイブリッド型2機種が追加される。

 全長20フィート(約6メートル)または40フィート(約12メートル)のコンテナに、最大4万6080プロセッサコア、または最大29.8ペタバイト(PB)のストレージ容量を格納できる。SGI Altix ICE、Altix UV、Rackable、InfiniteStorageといったSGI製品に加え、19インチの標準ラックに対応した他社製ラックマウントサーバやストレージを搭載できる。また、コンテナ内部に19インチラックがあらかじめ統合された固定ラック型と、標準ラックをコンテナに搬入するロールイン型が用意されている。固定ラック型は高密度性に優れており、ロールイン型は既存のラックの再利用や他のデータセンタへの移動など移設する際に柔軟に対応できる。

 「デュアルローモデル」では、奥行きが標準ラック対応サーバの2分の1サイズのRackable製品専用のモジュラー型データセンタに、他のSGI製品や他社製品を搭載できる19インチ標準ラックを設置可能なモデルが追加された。Rackable製品専用の固定ラックに加え、標準ラックを2本設置するスペースが確保されている。


出荷日・発売日 2010年7月6日 発売
価格 個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 System Center 2012 【日本マイクロソフト】 Cisco Tetration Analytics 【シスコシステムズ】 データセンターのサービスゲートウェイ拡張性を3シナリオで検証 【マクニカネットワークス】
データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用
ITインフラのサイロ化を解消する「コンポーザブル・インフラ」 従来型サーバー/データセンタ/プライベートクラウド/パブリッククラウド/クライアント・デバイスをカバーする、IT基盤構築と運用のための統合された管理基盤 運用管理の自動化が進むデータセンターのポリシー検証方法 稼働中でもシステム拡張は可能か――ダウンタイムを抑え、影響を最小限に

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030490


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ