CSKシステムズ、ハイブリッドクラウド制御ソフトを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CSKシステムズ、ハイブリッドクラウド制御ソフトを提供


掲載日:2010/07/05


News

 株式会社CSKシステムズは、パブリッククラウド環境とプライベートクラウド環境を組み合わせて、安全で柔軟性に優れた“ハイブリッドクラウド環境”を容易に実現できる、ハイブリッドクラウド制御ソフト「PrimeCloud Controller」を開発し、提供を開始した。

 “ハイブリッドクラウド環境”では、従量制で提供される“パブリッククラウド環境”を活用して無駄なIT投資を抑制するとともに、顧客情報や機密情報などの重要情報を“プライベートクラウド環境”で安全に管理するなど、柔軟で安全な企業内システムを構築できる。今回提供される「PrimeCloud Controller」では、パブリッククラウド環境とプライベートクラウド環境を自動的に制御し、“ハイブリッドクラウド環境”を実現する。クラウド環境上のシステムの起動、停止、コンピュータリソースの増減といった運用操作を自動化するほか、ミドルウェアなどの最適設定も自動で行なえる。

 機能強化により、米国Amazon社が提供するクラウドサービスのAmazon EC2で構築するパブリッククラウド環境と、オープンソース製品「Eucalyptus」で構築する「プライベートクラウド環境」の双方に対応できるようになった。また、2010年秋を目処に、ニフティ株式会社が提供するパブリッククラウドサービスの「Nifty Cloud」や、ヴイエムウェア株式会社の「VMware」などについても対応を予定している。

 クリック操作による簡素な手順で、プライベートクラウド環境の設定変更を行なえる。個別システムをサービスモジュールの組み合わせで構築できるほか、画面上でサービスの状態、サーバ台数などを確認できる。また、Amazon EC2とEucalyptusを同じユーザインターフェースで操作でき、クラウド環境の違いを吸収できる。

 20分程度で、クラウド環境内の仮想サーバを自動起動し、サービス設定も自動投入して、“ハイブリッドクラウド環境”を利用可能にする。サーバの増減にも動的に対応できる。また、ロードバランサ、Webサーバ、アプリケーションサーバ、DBサーバなどのモジュールの自動インストール・自動設定も行なえるほか、DNSサーバや監視システムとも自動連携できる。

 一般企業向けには、新規構築するプライベートクラウド環境、既設のプライベートクラウド環境のそれぞれに個別対応するほか、SIer/サービスプロバイダ向けにはOEM提供が行なわれる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030444


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ