ミラクル・リナックス、廉価なデジタルサイネージプレイヤー提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ミラクル・リナックス、廉価なデジタルサイネージプレイヤー提供


掲載日:2010/07/02


News

 ミラクル・リナックス株式会社は、廉価なデジタルサイネージ・プレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を、7月10日より受注開始する。参考価格は、7万9800円からとなっている。

 「MIRACLE VISUAL STATION」は、同社が開発した組み込みLinux OS「Embedded MIRACLE」上に、同社が開発した軽量ブラウザ/メディアプレイヤー/ネットワーク管理ツールなどのアプリケーションを搭載した、デジタルサイネージ専用セットトップボックス。OSとアプリケーションが一貫して開発されているため、トラブルを防止でき、導入期間短縮や導入コスト抑制、品質向上を図れる。

 インテルAtomプロセッサ上でも10%程度のCPU使用率でフルHD動画を再生でき、サイネージ・プレイヤー機能を廉価に実現している。4種類・5モデルが用意されており、特にファンレス型のものは、外気気温が高い、あるいは埃や粉塵が多い、といった過酷な環境でも利用できる。

 また同社は、他のベンダとのアライアンスにより、同製品と、同製品を活用したサービスを提供していく。第1弾として、“スタンドアロン型/小規模ネットワーク型デジタルサイネージ”と“複数拠点配信型デジタルサイネージ(ASP型/パッケージ型)”の2種類の提供を、開始した。

 “スタンドアロン型/小規模ネットワーク型”では、標準装備のコンテンツ作成支援ツール「EMPopMaker」で容易にコンテンツを作成/再生できるため、特別な知識が不要でデジタルサイネージを開始できる。同ツールは、ネットワーク上の「MIRACLE VISIAL STATION」端末間でコンテンツをコピーする機能を備えており、イントラネット環境下でコンテンツを配布できる。

 “複数拠点配信型”では、サイバーステーション株式会社が提供するデジタルサイネージ専用ソフトウェア「デジサイン」を「MIRACLE VISUAL STATION」と組み合わせて利用することで、複数拠点へデジタルサイネージを配信できる。「デジサイン」は小規模から1000台規模までの多拠点配信が可能なソフトウェアで、初期投資を抑えて即座にデジタルサイネージを開始できるASP型と、コンテンツ配信システムを社内に構築できるパッケージ型が用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 「MIRACLE VISUAL STATION」参考価格:7万9800円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030407


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ