オプロ、Salesforce CRM等ユーザ向けクラウドGUIデザイナー発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オプロ、Salesforce CRM等ユーザ向けクラウドGUIデザイナー発売


掲載日:2010/07/01


News

 日本オプロ株式会社(オプロ)は、株式会社セールスフォース・ドットコム(セールスフォース)が提供するSalesforce CRM、Force.comユーザ向けVisualforce用GUIデザイナー「OPROARTS Designer for Force.com」を、発売した。

 Visualforceは、Salesforce CRM、Force.comの画面・PDFのレイアウトを作成するための専用言語で、一般ユーザは言語を習得する必要があった。今回発売される「OPROARTS Designer for Force.com」は、Webブラウザ上で動作するGUIアプリケーションで、容易にレイアウトを作成でき、HTML・PDFを生成できるクラウドGUIデザイナー。これにより、Salesforce CRM、Force.comユーザは、Visualforceの習得不要で、容易にSitesなどのWebサイト、PDF帳票などの追加機能を作成できる。

 Firefox 3.5、Internet Explorer 8.0などのWebブラウザで利用できるほか、Salesforce CRM、Force.com上のオブジェクト(カスタムオブジェクト)をサポートしており、同デザイナー上でドラッグ&ドロップで設定できる。また、作成されたレイアウトは、Salesforce CRM、Force.com上でネイティブに動作するほか、OPROARTS Apps Easy Merge PDFに対応しているため、レイアウト作成・変更を行なえる。英語版・日本語版で提供される。

 HTML対応は、7月末のバージョンアップで提供される予定。

 なお利用料金は、年間契約の場合は年額18万6000円、月契約の場合は月額2万500円で、PDF帳票を出力する場合は、利用ユーザ単位にユーザライセンスが必要になり、ユーザライセンスは年間契約で年額6000円となっている。


出荷日・発売日 2010年6月30日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「帳票管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「帳票管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「帳票管理システム」関連の製品

メインフレームの帳票出力環境、オープン化&電子化が生むこれだけのメリット 【ウイングアーク1st株式会社】 帳票発送業務を効率化――出力・仕分け・封入を一気通貫でシステム化する方法 【ピツニーボウズジャパン株式会社】 電子活用ソリューション SPA 【ウイングアーク1st】 メインフレームの帳票出力をオープン化、プログラム改修なしに実現する方法とは 【ウイングアーク1st】 枚数の異なる300件もの明細書発送を1時間で――クリヤマに学ぶ発送業務の効率化 【ピツニーボウズジャパン】
帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム
メインフレームの帳票出力環境、オープン化&電子化が生むこれだけのメリット 帳票発送業務を効率化――出力・仕分け・封入を一気通貫でシステム化する方法 SPAは電子帳票の保管から破棄までの一元的なライフサイクル管理を実現し、アナログな業務プロセスを自動化し、業務効率向上を実現。 メインフレームの帳票出力をオープン化、プログラム改修なしに実現する方法とは 枚数の異なる300件もの明細書発送を1時間で――クリヤマに学ぶ発送業務の効率化

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030401


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 帳票管理システム > 帳票管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ