シマンテック、中小企業向け情報保護スイート製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シマンテック、中小企業向け情報保護スイート製品を発売


掲載日:2010/07/01


News

 株式会社シマンテックは、中小規模企業向けに、セキュリティとバックアップを組み合わせた総合的な保護を提供するスイート製品「Symantec Protection Suite Advanced Business Edition」を、7月5日より発売する。

 「Symantec Protection Suite Advanced Business Edition」では、PCなどのエンドポイントを保護できるほか、メッセージセキュリティを提供し、メールゲートウェイでのコンテンツフィルタで情報漏洩を防止できる。脅威の発生時やシステムの故障時には、PC/サーバのバックアップ/リカバリ機能により、異機種ハードウェアや仮想環境でも、個別のファイル/フォルダのリカバリと、Windowsシステムの迅速な復旧を可能にする。

 リアルタイムでセキュリティ情報を提供する“シマンテックグローバルインテリジェンスネットワーク”が、新しい脅威の発生時に早期に脅威を警告し、自動バックアップを行なうことで、ユーザをプロアクティブ(事前予防的)に保護する。これにより、業務の中断が起きた時に、デスクトップ/サーバ/アプリケーションを円滑に実行し続けられるようになる。

 組織全体のバックアップ/リカバリとセキュリティ機能を1つのスイート製品で購入/管理できるため、総所有コストを低減でき、IT管理を簡素化できる。また、ユーザのIT環境にほとんど影響を与えずに迅速に導入できる。

 小規模企業向けに、エンドポイントとメッセージのセキュリティを提供しPCのバックアップと復旧を加えた廉価な製品「Symantec Protection Suite Small Business Edition」も用意されている。

 なお参考価格は、新規の1ユーザあたりの単価が、「Advanced Business Edition」300ユーザの場合で9200円、「Small Business Edition」30ユーザの場合で6600円となっている。


出荷日・発売日 2010年7月5日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Arcserve Unified Data Protection 【Arcserve Japan】 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【arcserve Japan】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 4事例に学ぶ、リアルタイム分析を支えるDBレプリケーション 【クエスト・ソフトウェア】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
クラウド環境へのバックアップ、成否を”占う”ツールとは? 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 デルも認めたレプリケーション技術 ダウンタイムを劇的に短縮できた秘訣 ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030388


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ