ネットマークス、多要素認証ソフトウェアを「YubiKey」に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットマークス、多要素認証ソフトウェアを「YubiKey」に対応


掲載日:2010/06/30


News

 株式会社ネットマークスは、USBキーボードとして認識される、スウェーデンのYubico社が開発したワンタイムパスワード発生用USBユニットの“ワンタッチキー”「YubiKey」に対応した多要素認証ソフトウェア「SecureSuiteV」を、発売した。

 「SecureSuiteV」では、バイオメトリクスやICカードなど複数の認証要素を組み合わせ、情報ネットワークのセキュリティ強化を図れる。「YubiKey」は、18mm×45mm×3mm/2.5gと親指程度の大きさのUSBキーボード。今回、“ワンタッチキー”に対応したことで、Linux OSやMac OSなど、Windows OS以外の端末で利用できるようになり、シンクライアントシステムでの導入が容易になる。

 「YubiKey」では、センサ部にタッチするごとに異なる32文字の認証コードを生成・出力し、出力パスワードを認証サーバ側の「SecureSuiteV」が解析・照合することでユーザを認証する。ターミナルサービス型シンクライアントとして利用する場合、クライアント端末には「SecureSuiteV」のモジュールを含むドライバインストールが不要なので、Windowsに加え、Linux OSや Mac OSの端末でも利用でき、OS費用など導入コストを抑えられる。また、USBキーボードは電池交換も不要なので、ITシステム管理者の負担軽減を図れる。

 なお、ワンタッチキーを含む「SecureSuiteV」の価格は、690万円から(500ユーザの場合)となっている。


出荷日・発売日 2010年6月29日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

監視・検知システムのSIEMは運用管理の負担軽減に貢献するのか。 【フォーティネットジャパン】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 Office 365×CloudGate UNO 【日本マイクロソフト+他】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
企業のネットワークが複雑化するにつれ、セキュリティ管理者が監視すべきログも増えていく。監視・検知システムのSIEMはどのように運用管理の負担軽減に貢献するのか。 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
もし知らないなら危険 情報漏えい対策「データセキュリティ4カ条」 クラウド版Microsoft Officeを月額100円で安全に利用する方法とは? サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030380


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ