事例:NTTデータ、ETの製品でシステム操作を統制強化・効率化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:NTTデータ、ETの製品でシステム操作を統制強化・効率化


掲載日:2010/06/30


News

 エンカレッジ・テクノロジ株式会社(ET)は、自動突合ソリューション「ESS AutoAuditor」と点検・監査ソリューション「ESS REC」が、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)の基幹システム「INFOGRID」のシステム運用業務で採用され、システム操作での誤操作・不正操作など点検・監査の自動化を推進し、統制の強化と効率化を支援していると、発表した。

 「INFOGRID」は、会計、経営分析、調達、人事給与などの業務プロセス向けに、サービス提供を開始されている、NTTデータの基幹系情報システム群の総称。NTTデータでは、「INFOGRID」のサービス開始当初から、システム操作に関する統制として、事前に作業理由とその操作内容を申請、責任者の承認のもとで作業を行ない、作業終了後には申請内容と不整合がないか操作ログがチェックされ、責任者の承認を得るという運用ポリシーを策定し実施してきた。大部分が人による手作業であったため、多くの作業工数を要しており、作業内容の確認も人によるものだったため、確認の精度が属人的になり統制レベルにばらつきが生じる可能性もあった。

 ETは、システム操作の点検監査を自動化し、監査の標準化やコスト削減を図れる解決方法を提案し、NTTデータの協力を得て製品開発を行なった結果、2009年7月、「ESS AutoAuditor」を発表し、NTTデータの「INFOGRID」に採用された。導入後、システム操作の申請と事前承認、作業終了後の承認までのワークフローが、「ESS AutoAuditor」によって電子化・自動化され、工数が削減されるとともに、「ESS REC」により記録された操作ログを自動チェックすることで、作業内容の確認の統制レベルを均一化できた。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

Create!Webフロー 【インフォテック】 稟議・回覧クラウド 承認Time 【SBIビジネス・ソリューションズ】 ジョブカンワークフロー 【Donuts】 Business WorkFlow 【新日本コンピュータマネジメント】 経費精算&ワークフロー MAJOR FLOW Z CLOUD 【パナソニック ネットソリューションズ】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
一般的な会社組織での申請/決裁業務にはもちろん、店舗運営や事業所に分かれている会社、またはグループ分割している会社など多様な組織で利用できるWebシステム。 稟議、捺印申請をはじめ、社内文書をWeb上で申請・承認できるワークフロー・クラウドサービス。複数承認ルートや項目の自由設定、一斉報告フローなどの設定が可能。 誰でも使える簡単な操作性と高度な機能を併せ持つクラウド型のワークフローシステム。PC・スマホから、いつでもどこでも申請・承認が可能。 過去の申請も簡単に検索できる。 サーバライセンスでユーザ数に関係なく多彩な文書をWeb上で管理できるワークフローシステム。簡単操作で管理・運用ができる。中国語を含む多言語での運用実績もある。 経費精算とワークフロー2つのラインアップで申請/承認の決裁だけではなく、経費精算の業務改善や内部統制を支援するビジネスリフォーム機能満載のクラウドサービス。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030373


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ