センク、情報システム部門とともにクラウド設計するサービス開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


センク、情報システム部門とともにクラウド設計するサービス開始


掲載日:2010/06/28


News

 株式会社センクは、エンタープライズ・クラウド設計をユーザ企業情報システム部門とともに行なう「クラウド設計 for ユーザ」サービスを、7月1日より開始する。

 「クラウド設計 for ユーザ」は、エンタープライズ・クラウド設計をユーザ企業の情報システム部門と行ない、各ユーザの構築・運用に関し、ユーザ企業にあった社内クラウド/IDCプライベートクラウド/パブリッククラウド/バーチャルプライベートクラウドなどの設計を共同で行なうほか、構築やコンサルティングに際しては各SIerやISV・コンサルティング会社の選定、評価を行なうサービス。

 調査・設計・施工管理(ベンダコントロール)をユーザの情報システム部門とともに行なうサービスが、スカイプやWeb会議システムでの無料相談から開始される。状況に応じて環境が似ているユーザの意見や経験なども取り入れながらアドバイスを行ない、方向性が決定するとプロジェクトを共同で立ち上げる。クラウド導入に向けRFPの作成を行ない、SIerなどに作成した設計書を基にシステム構築を依頼する。要望があれば、運用フェーズの支援に関しても相談に応じる。

 ハードウェア環境では、状況に応じて各ユーザ企業の既存サーバやPCの棚卸しを行ない、企業間で有効活用できるハードの紹介なども行なう。同時に各ハードウェアプラットフォームや、センク独自ブラウザなどを効率的/安全に取り入れ、ユーザ企業とともに設計・検証する。またHDD非搭載のシンクライアントや、モバイル環境ではiPad・スマートフォンなども考慮し、クラウドプラットフォームも利用する設計を行なう。

 ソフトウェア環境ではレガシーシステムからクラウド環境へ移行する際に、NotesからSharePointとExchangeへの乗り換え支援などを行なうほか、RIAとしてのユーザインターフェースを取り入れ、データの連動や移行も支援する。同時にNotesからWebグループウェアのdesknet’s Enterpriseへの乗り換えも行なう。SharePoint、Exchange、desknet’s Enterpriseは、パッケージ版とSaaS/ASP版に対応できる。

 また、Accessで構成されたシステムを、SQLへアップサイジングするツールの提供や、バージョンアップが困難なシステムのVMforceへの移行、IFRSを意識した基幹業務システムの変更や刷新も随時設計を行なう。外資系企業向けに英語での対応も行ない、Webでの相談時から設計士が英語で相談を受け付ける。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030333


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ