OLIVE、CSVデータから請求書などを自動配信できるシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OLIVE、CSVデータから請求書などを自動配信できるシステムを発売


掲載日:2010/06/25


News

 オリーブ情報処理サービス株式会社(OLIVE)は、帳票電子化ソリューションとして請求書や給与明細などの汎用帳票をCSVデータから自動的にPDFやFAXで自動配信できる「請求書FAX/Email 自動配信システム」を、7月1日より発売する。

 「請求書FAX/Email 自動配信システム」では、社内で大量に印刷する請求書や給与明細書を迅速に電子化することで、経費の削減を図れる。操作は簡便で、既存システムからCSV出力することで、自動的にPDFを作成しメール配信とFAX配信を行なう。PDFは相手先ごとに個別パスワードにより暗号化されるほか、更に他社システムで作成されたPDFファイルにも個別パスワードを付与してメール配信できる。PDFは1ファイル約0.1秒で作成でき、例えば3万件の給与明細PDFファイル(個別パスワード)を約1時間で作成できる(PCスペック:CPU Core 2 Duo 3GHz、全頁同一書式の場合)。

 メールエンジンには従来のメールエンジンに加え、Outlook ExpressやWindows Live Mailを指定できる。配信制限のあるSMTPサーバに対して配信単位と配信間隔を指定して配信できる。個別複数添付ファイル機能では、配信したい相手先コードでフォルダ内にあるファイルを検索し自動的に複数ファイルを添付して配信できる。FAX自動配信機能では、インターネットやPCのない相手先へFAXモデムを経由して自動でFAXを送信できる。未送信管理も優れており、再送信処理や印刷機能を備えている。市内局番はFAXモデム経由で配信し、市外局番はインターFAXを利用することで、通信料を抑えることもできる。

 請求書に加え、注文書、給与明細、源泉徴収票、扶養控除申告書、保険料控除申告書、医療費明細、見積書、支払通知書などにも応用できる。同システムを導入することで、従来手作業で印刷封入封かん郵送していた業務のコスト削減を図れる。また、フォルダ監視機能、自動バッチ機能、連続一括処理機能、電子署名、タイムスタンプ、電子印鑑、Excelファイルを直接FAX自動配信、PDF1.7AES、外字・バーコードなど、様々な有償オプションも用意されている。

 なお価格は、価格は1ライセンス40万円から、3ライセンス60万円からとなっている。


出荷日・発売日 2010年7月1日 発売
価格 1ライセンス40万円〜、3ライセンス60万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「FAXサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「FAXサービス」関連情報をランダムに表示しています。

「FAXサービス」関連の製品

クラウドFAXサービス 【エクスパダイト】 システム連携自動FAX対応 FAXサーバソフト「まいと〜く Center」 【インターコム】
FAXサービス FAXサービス
PCで各種帳票・書類のFAX送信・受信が行えるクラウドFAXサービス
●帳票FAXサービス…基幹系・情報系システムの帳票類
●Fax2Mail…日々の業務で使用する様々な書類
累計導入社数1万2000社のロングセラーFAXサーバシリーズの最上位版。最大72回線までの拡張が可能で、充実したシステム連携機能を装備。簡単操作のWebクライアントも搭載。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030319


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > FAXサービス > FAXサービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ