NEC、製造プロセスの変化に迅速に対応できるソリューション発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、製造プロセスの変化に迅速に対応できるソリューション発売


掲載日:2010/06/23


News

 日本電気株式会社(NEC)は、組み立て・加工業を中心とする製造業向けに、現場の製造プロセスの変化に迅速に対応するためにアジャイル方式を取り入れ、Visio/Excelを設定することでコーディング不要で迅速/柔軟にシステムを構築できる情報基盤による「アジャイル生産現場ソリューション」を、発売した。価格は、1000万円からとなっている。

 「アジャイル生産現場ソリューション」では、生産現場の製造実績を端末から入力してリアルタイムに収集し、ERPなどの上位システムに適切に実績数値を上げて“見える化”することで、現場の改善を図れる。

 NECグループの社内システムなどで安定稼働している統合DB「GdFrame」を利用し、普遍的な構造を持つDBをSQL Server上に構築する。アプリケーション構築に共通的に利用できる機能などから構成され、業務アプリケーションの構築、維持運用、改造の全体的な費用削減を図れる。また、RFID/ハンディ端末/タッチパネル端末/携帯電話など様々な入力手段を、現場のニーズに応じて選択できる。

 Web画面をExcelで容易に開発・保守できる。タイトル/ボタン/表示項目など、画面の仕様をExcelでパラメータ設定することで、開発言語の知識がなくても、画面の追加・変更などをユーザ企業自身で容易に行なえる。

 プル型(かんばん方式)/プッシュ型の生産形態が混在する場合にも対応でき、変更も容易に行なえる。業務フローの設定はVisioでフローチャートを作成することで、ユーザ企業自身で容易に行なえる。また、SQL Serverの様々な機能により、データ分析や他システム連携を容易に実現できる。

 これらにより、生産性の向上やリードタイムの短縮、在庫の削減、品質管理レベルやトレーサビリティの向上を図れる。


出荷日・発売日 発売済
価格 1000万円〜

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

個人信用情報照会システム L-CRIP 【セイコーソリューションズ】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 ProSCOPE-C 【日立SC】 全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】 AZCLOUD SaaS EnergySuite 【富士通マーケティング】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
個人信用情報機関との通信制御から独自の個信審査まで、融資審査業務に欠くことのできない個人信用情報照会の機能を装備したパッケージ。導入実績110社以上。 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 化学・プロセス・マテリアル業界の生産プロセスに特化した原価計算パッケージ。工程別総合原価計算に対応するなど、正確な原価計算を可能にする機能を搭載している。 全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。 単価変動も怖くない!石油卸業向けに特化した富士通の販売管理

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030277


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ