ITコア、クラウドサービスにSSD採用モデルなどを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ITコア、クラウドサービスにSSD採用モデルなどを追加


掲載日:2010/06/22


News

 株式会社ITコアは、“日本版仮想化クラウドサービス”「GrowServer2010」に、半導体ストレージ(SSD)などを採用しパフォーマンスに優れたモデルを追加した、新サービス「GrowServer2010-II(GS10-II)」を、7月1日より提供する。

 「GS10-II」では、従来型の「shareクラス」、クラウド向け高速ストレージ“3PAR”などを採用した「highクラス」、SSDなどを採用した「superクラス」、廉価版の「localクラス」の4種類のラインアップが用意されている。これにより、リソース(CPU/メモリ)の選択に加え、パフォーマンスに優れたストレージも利用できるようになった。従来はクラウド化しにくかった高負荷なDBサーバなど、アプリケーションの適用範囲を拡大できる。

 CPUがコア単位からGHz単位に改訂され、0.5GHzから利用できるようになった。「A100」モデル(CPU 0.5GHz、メモリ512MB)が月額5000円で用意されている。これにより、クラウド環境を簡便に利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他仮想化関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他仮想化関連」関連情報をランダムに表示しています。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030262


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ