日本ラッド、クラウド基盤と接続可能なレンタルサーバをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ラッド、クラウド基盤と接続可能なレンタルサーバをリリース


掲載日:2010/06/22


News

 日本ラッド株式会社は、SaaS/レンタルサーバ事業として提供している「SaaSesサービス」の専用サーバ「Helios」シリーズで、ハイスペックサービス「Helios γ(ガンマ)」を、リリースする。

 「Helios γ」では、Xeon L5520プロセッサ(クアッドコア、2.26GHz)を搭載した日本電気株式会社(NEC)のサーバ「Express5800/iR120a-1E」を採用している。標準サービスでメモリ 8GB、HDD 1TB、RAID1構成、OSはCentOS、その他アプリインストール済みで提供される。

 導入時のオプション設定で、クラウド基盤(10月リリース予定)と接続することで、ユーザの業務拡大に即時適応できるスケールアウト可能なサービスになる。また、メモリを最大16GBまで、HDDを最大4台まで増設できるほか、RAID構成はRAID6まで対応できる。OSはUbuntu/FreeBSD/Debian(無料)、Windows 2003/2008(有料)にも対応できる。バックアップサービスも用意されており、ユーザデータを保護できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030259


IT・IT製品TOP > データセンター > その他データセンター関連 > その他データセンター関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ