エアロアライブ、無償のWebサイト監視サービスをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エアロアライブ、無償のWebサイト監視サービスをリリース


掲載日:2010/06/22


News

 エアロアライブは、無償でWebサイトを24時間365日監視するサービス「AEROALIVE(エアロアライブ)」を、リリースした。

 「AEROALIVE」では、10サイトまで監視でき、HTTP/HTTPSに対応している。異常検知/復旧確認の際にアラートメールを送信でき、送信先として10メールアドレスまで登録できる。監視間隔は10分で、異常を検知した際には10秒ごとに最大1分まで連続監視する。また、RSS配信やSSL証明書期限チェックなど、10以上の有償オプションが用意される予定。

 これにより、コストの問題で現在監視していない法人などでも、無償で、簡素で使い勝手に優れた監視サービスを利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー管理」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー管理」関連の製品

ファイルサーバの無法地帯化を防止する効率的なアクセス権管理とは? 【ジャストシステム】 ファイルサーバアクセス統合管理製品 『Varonis DatAdvantage』 【ノックス】 ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」 【日立ソリューションズ】 ファイルサーバのリプレースを楽にするデータ整理術「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS 4.0」 【ジャストシステム】
サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理
人事異動や組織変更のたびに、ファイルサーバのフォルダのアクセス権変更作業に追われる企業は少なくない。しかしこの作業を怠ると、重大なセキュリティリスクを招く。 ファイルサーバのアクセス権限を統合的に管理できるファイルサーバアクセス統合管理製品。アクセス制限の棚卸し、可視化、監査、ファイルサーバ運用の効率化を実現する。 ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。
不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。
ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。
ファイルサーバのリプレースを楽にするデータ整理術 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030257


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ