KKE、攻撃モデルを装備したネットワークエミュレータを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KKE、攻撃モデルを装備したネットワークエミュレータを発売


掲載日:2010/06/21


News

 株式会社構造計画研究所(KKE)は、ネットワークエミュレータ「EXata(エグザータ」(開発元:米国Scalable Network Technologies,Inc.)にネットワークセキュリティ分野向けの機能を追加した新製品「EXata/cyber1.0」を、7月1日より発売する。

 「EXata/cyber1.0」は、標準でDDoS攻撃、無線ジャミング攻撃、傍受・盗聴などの代表的なネットワーク攻撃モデルを装備している。また、エミュレーション機能によりリアルノードと仮想ノードを連携でき、仮想ノードはSNMP(Simple Network Management Protocol)エージェントとして振舞うため、外部に接続したSNMPマネージャの動作するPCにより、仮想ネットワーク上のノードを含むネットワーク全体のノードを一括監視できる。仮想ネットワークドライバを標準装備しているため、パケットキャプチャツール「Wireshark」により任意の仮想ノードのネットワーク・インターフェースを通過するパケットをキャプチャ、表示できる。

 並列ネットワークシミュレータ「QualNet」、「EXata」より引き継がれた数百のプロトコルモデル(MAC〜アプリケーション)、物理層モデル、電波伝搬モデルを標準でサポートしている。このうちの十数モデルはEXataのエミュレーション機能に対応してリアルネットワークとの互換性が保証されており、リアルノードをアタッチした状態で動作させると、WebブラウザやFTPクライアントなどのリアルアプリケーションから仮想ノード上のアプリケーションモデルにアクセスできる。また、一部のルーティングプロトコルは、ルータなどのリアルなネットワークデバイスと制御パケットのやりとりをすることもできる。

 「QualNet」から継承された並列処理技術により、リアルタイムにシミュレートできる仮想ネットワーク環境のノード数を増加でき、通常の8コア程度のサーバ機1台で100ノードを超えるネットワークをリアルタイムにシミュレートできる。

 これらにより、多数のPCからなるネットワークテストベッド構築のコストを削減でき、従来のテストベッドではシミュレーションが困難だった無線ネットワークを含むテストベッド環境を構築できる。なお販売価格は、1000万円前後を予定している。


出荷日・発売日 2010年7月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】 シマンテック SSL サーバ証明書 【シマンテック・ウェブサイトセキュリティ】 サイバー攻撃可視化プラットフォーム Arbor Networks Spectrum 【アーバーネットワークス】 セキュリティアプライアンス Aterm SA3500G 【NECプラットフォームズ】 標的型サイバー攻撃・内部対策アプライアンス iNetSec Intra Wall 【PFU】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
クラウドのセキュアWebゲートウェイにおいて、独自の解析技術により、マルウェア配布サイトへのWebアクセスやC&Cサーバへの不正通信をブロックする出口対策を提供。 最新ウェブサイト攻撃の被害データと攻撃傾向を徹底解説 企業に対する脅威やサイバー攻撃を発見、迅速な対応を行うためのプラットフォーム。サイバー攻撃による企業のビジネスリスクを低減する。 既存ネットワーク構成を変えずに簡単に導入可能。分かりやすい価格設定で中小規模の法人ユーザ向けに最適なUTM(セキュリティアプライアンス)。 ネットワーク内の通信を監視することで、標的型サイバー攻撃によるマルウェアの活動を検知し、感染端末の通信を自動的に遮断するアプライアンス。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030242


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ