ベリサイン、SANsに対応したSSLサーバ証明書を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ベリサイン、SANsに対応したSSLサーバ証明書を提供


掲載日:2010/06/18


News

 日本ベリサイン株式会社は、エンタープライズ向け「ベリサイン マネージドPKI for SSL」で、「Subject Alternative Names(SANs)」(サブジェクトの別名)のサポートを、7月15日より開始する。

 SANsでは、1枚のSSLサーバ証明書で、複数のコモンネーム(FQDN名)をサポートする。サーバIDの申請・取得時に認証局に提出する署名リクエスト(Certificate Signing Request:CSR)を生成する際、SSLサーバ証明書のサブジェクトフィールドで指定したコモンネームとは別に、SANsフィールドに異なるコモンネームを設定することができ、クライアントのブラウザからは、どちらのコモンネームにもアクセスできる。

 これにより、コモンネームごとに複数回行なってきたCSR生成、申請、インストール作業を1回で行なえるため、運用工数の削減を図れる。また、1枚のSSLサーバ証明書しかインストールできない仕様のサーバでも、複数のコモンネームでのアクセスが可能になる(Microsoft Communications Server 2007 R2やMicrosoft Exchange Serverなどでは、複数のコモンネームを利用する場合、SANsを利用する必要がある)。

 なお、SANsの対象になるシステムは、「ベリサイン マネージドPKI for SSL」で取り扱うベリサインのサーバSSL証明書各種で、申請・設定は、7月15日より行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030228


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > PKI > PKIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ