コンピュウェア、オンラインシステム障害解析の国際化対応版出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コンピュウェア、オンラインシステム障害解析の国際化対応版出荷


掲載日:2010/06/17


News

 日本コンピュウェア株式会社は、メインフレームアプリケーション・オンライン・システム障害解析ツールの国際化対応版「Abend-AID for CICS リリース12.1」を、出荷した。

 今回のリリースでは、COBOLプログラムの根本原因分析機能や、Webブラウザ・インターフェース機能が拡張されたほか、複数セッション/ウィンドウの表示機能が装備され、日本語レポートをサポートした。

 複数セッション/ウィンドウを可能にするインターフェースを搭載し、Eclipse3.4以降のバージョンに対応して、Eclipseビュー・ウィンドウを表示できるようにするプラグインも装備された。「Abend-AID」のWebブラウザ・インターフェースを使用して、CICSレポートを確認しながら、Fault ManagerのFault履歴レポートにアクセスすることも可能になった。

 COBOLプログラムに対して根本原因分析とともに提供されていた検索機能が拡張された。拡張サーチ・リスティング・スクリーンにアクセスして、ソース・リスティングを検索し、修正された特定のフィールドを直接的/間接的にステートメントとして表示、または直接的/間接的に参照した特定フィールドのデータ定義の表示が可能になった。


出荷日・発売日 2010年6月16日 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メインフレーム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メインフレーム」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030198


IT・IT製品TOP > サーバー > メインフレーム > メインフレームのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ