日本HP、ビジネスノートPCのエントリーモデル2機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、ビジネスノートPCのエントリーモデル2機種を発売


掲載日:2010/06/16


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、法人向けノートPCのエントリーモデル「HP ProBook」シリーズで、12.1インチワイド液晶搭載モデル「HP ProBook 5220m/CT Notebook PC」を、 AMD製プロセッサ搭載15.6インチワイド液晶搭載モデル「HP ProBook 4525s/CT Notebook PC」計2機種を、6月15日より順次発売する。

 両機種とも、ヘアライン仕上げのアルミを基調とした精悍な新デザインを採用し、「4525s/CT」では、本体カラーを黒色系の“キャビアブラック”と赤色系の“ボルドーレッド”から選択できる。また、両機種ともHDDを振動と衝撃から保護する“HP 3Dドライブガード”を搭載しているほか、Outolookのメールやスケジュールを電源オンから数秒で確認・編集できる“HP FastLook”、データの安全性を向上する“HP ProtectToolsセキュリティマネージャ”などビジネスの機動性と信頼性を向上するソフトウェアをプリインストールしている。

 「5220m/CT」は、約1.59kgと小型で、LEDバックライトを採用する12.1インチ(WXGA:1280×800ドット)液晶ディスプレイを搭載し、搭載プロセッサは、Celeron U3400(6月下旬販売開始予定)、Core i3-350M、Core i5-450Mから選択でき、モビリティとパフォーマンスに優れている。

 「4525s/CT」は、15.6インチワイド液晶ディスプレイ(HD:1366×768ドット)とテンキー付きのフルサイズキーボードを搭載し、省スペースなデスクトップPCとして使用できるパフォーマンスと使い勝手を備えている。搭載プロセッサは、AMD v120(シングルコア)、Athlon II P230(デュアルコア)、Phenom II P920(クアッドコア)から選択できる。また、DirectX 11対応グラフィックスの搭載、バッテリ駆動時間の向上など、AMDの最新テクノロジーを採用したことで、パフォーマンスの向上を図っている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「デスクトップパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「デスクトップパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「デスクトップパソコン」関連の製品

産業向けのAR/VRコンテンツでビジネスを展開するために必要なものとは? 【デル】 海外での翌日オンサイト保守と電気代50%削減を実現したPCリプレース事例 【デル】 生産性を向上させる高性能ワークステーションの導入をスムーズに進める方法 【デル】 ゲームクリエーター小島秀夫が認めた、最先端の映像表現を支えるマシンとは? 【レノボ・ジャパン株式会社】 来店客の操作ストレスを排除、プラザクリエイトの写真ビジネスを変革する新PC 【デル】
デスクトップパソコン デスクトップパソコン デスクトップパソコン デスクトップパソコン デスクトップパソコン
産業向けのAR/VRコンテンツでビジネスを展開するために必要なものとは? 海外での翌日オンサイト保守と電気代50%削減を実現したPCリプレース事例 生産性を向上させる高性能ワークステーションの導入をスムーズに進める方法 ゲームクリエーター小島秀夫が認めた、最先端の映像表現を支えるマシンとは? 来店客の操作ストレスを排除、プラザクリエイトの写真ビジネスを変革する新PC

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030181


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ