テラス、クラウド型の誤送信防止サービスのインフラ基盤を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


テラス、クラウド型の誤送信防止サービスのインフラ基盤を提供


掲載日:2010/06/16


News

 株式会社テラスは、株式会社トランスウエアのオンプレミス型ソフトウェア「Active!gate」を採用した、株式会社丸新システムズが発売した、情報漏洩防止を目的としたクラウド型のメール誤送信防止サービス「Communication Arena Gate(Coa-gate)」のサービスインフラ基盤を提供する。

 「Coa-gate」では、「Active!gate」のメール保留、ファイル暗号化、Webダウンロード、Bcc強制変換、送信拒否、などの複数の誤送信防止機能や、うっかりミスや生産性の悪化を削減することを図る、“添付ファイルの暗号化/宛先間違いの防止”の機能を、ユーザが環境に合わせた必要な機能をサービスとして利用することで、メールの誤送信防止を図れる。

 自社内にメールサーバ環境を保有しているユーザに加え、メールホスティングを利用しているユーザ、SaaS/ASP型のメールサービスを使用しているユーザでも利用できる。また、独自運用を希望するユーザ・大規模企業向けには、専用型サーバと機能カスマイズが可能な「占有ホスティングプラン」、メールサービス事業者向けに、メール誤送信防止機能を自社サービスとして提供できる「ASP事業者様向け占有ホスティングプラン」も提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

メールセキュリティソリューション Proofpoint 【双日システムズ】 どんな標的型攻撃メールでも「偽装」できない弱点がある 【クオリティア】 脅威の侵入口となりやすいエンドポイント、その保護に機械学習が必要な理由 【マカフィー】 ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】 エンドポイントを襲う未知の脅威は、機械学習とアプリケーション制限実行で防ぐ 【マカフィー】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。 日本年金機構や大手旅行代理店で発生した個人情報漏えい事故は、巧妙に偽装されたメールから始まった。人間の目を欺く標的型攻撃メールを見抜くには? 脅威の侵入口となりやすいエンドポイント、その保護に機械学習が必要な理由 標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。 エンドポイントを襲う未知の脅威は、機械学習とアプリケーション制限実行で防ぐ

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030163


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ