サイボウズ総研、複数グループウェア等の同期ソフトの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイボウズ総研、複数グループウェア等の同期ソフトの新版を提供


掲載日:2010/06/11


News

 サイボウズ総合研究所株式会社(サイボウズ総研)は、株式会社アプレッソと共同で開発した、大規模向けグループウェア「サイボウズ ガルーン 2」と、複数のグループウェアやSFA(営業支援)製品のスケジュール情報を単・双方向に自動同期するソフト「PIMSYNC for サイボウズ ガルーン 2」の新バージョンの提供を、開始した。

 「PIMSYNC for サイボウズ ガルーン 2」は、SharePoint Server 2007やExchange Server 2003/2007、Microsoft GroupBoard Workspace、Google Calendar、Lotus Notes/Domino、ソフトブレーン株式会社の営業支援システム「eセールスマネージャー」に登録されたスケジュール情報を自動同期するアプレッソのソフト「PIMSYNC」に、アプレッソとサイボウズ総研が共同開発した「サイボウズ ガルーン 2」との同期を行なうアダプタ機能を追加した製品。異なる各製品に登録されたスケジュール情報やToDoデータを、連携先のほかの製品と単・双方向に自動同期できる。

 部門や拠点ごとにグループウェアが個別導入されている企業であっても、スケジュール同期ソフトを導入することで、利用するシステム・製品の統一を図ることなく、全社スケジュール管理という課題の解決を迅速/廉価に図れる。

 今回の新バージョンでは、機能メンテナンスや「サイボウズ ガルーン 2」の新バージョンへの対応に加え、Microsoft GroupBoard Workspace のスケジュールも連携対象として同期できる機能も追加搭載され、連携対象の幅が広がった。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

新年度のグループウェア導入・見直しなら1ユーザー月額150円で! 【リスモン・ビジネス・ポータル】 モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築 【イージフ】 intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】 Knowledge Suite(ナレッジスイート) 【ナレッジスイート】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
ユーザー数344万超のグループウェアdesknet's NEOのクラウド版。1ユーザー月150円(税別)でメール/スケジュール/ワークフローなど25機能が利用可能 モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築 システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。 グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザ数無制限、スマートフォンやタブレット等マルチデバイス対応。 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030129


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ