提携:SCSとサイバーテック、リッチクライアントとXML DBを連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:SCSとサイバーテック、リッチクライアントとXML DBを連携


掲載日:2010/06/10


News

 住商情報システム株式会社(SCS)と株式会社サイバーテックはアライアンス・パートナー契約を締結し、SCSのリッチクライアント「Curl」とサイバーテックのXML DB「NeoCoreXMS」を連携することで、ExcelやRDBベースのシステムから“やわらかいWebアプリケーション”への移行を促進すると、発表した。

 「Curl」は、クライアントサイドに特化し、Webアプリケーションのユーザ・インタフェースを向上できるWebプログラミング言語。HTMLのようなテキストフォーマットから3Dグラフィックスまで、広範囲に亘る開発記述に対応でき、帳票のレイアウト構築から印刷までクライアントサイドで行なうことができる。更に、OS/メーカを問わず、様々なサーバ製品との連関性を高めることで、データやシステムなどの既存資産を効率的に活用できる。

 XML DBは、XMLドキュメントをそのままの形で格納し、利用することで、従来のRDBで必要とされた複雑なマッピング処理が不要になり、“やわらかい”情報管理を実現しながら、優れたパフォーマンスを保つことができる。クエリ文を書く際にも、XML DBではXQuery構文のみで済む。「NeoCoreXMS」は、DPP(Digital Pattern Processing)による優れた検索性能を備えている。

 今回の連携では、「Curl」で開発されたクライアントアプリケーションがJavaベースのWebアプリケーションを経由して「NeoCoreXMS」に格納されたXMLデータを参照する。これにより、クライアントアプリ側で入出力項目や表示項目の追加変更が必要になった場合でも、「Curl」の開発環境で画面定義を修正することでWebアプリケーションやDB側の変更が不要になり、操作性やUIの柔軟性、データ管理の拡張性に優れ、ExcelやRDBベースのシステムからWebアプリケーションへの移行を促進できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

エンタープライズNoSQLデータベース 「MarkLogic Server」 【マークロジック】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 「Redis」実践解説:GCP上で冗長化と高速化を実現するための構成例 【grasys】 全てのデータソースへSQLでアクセス、データ構造の壁を超えるRDBMSとは? 【日本アイ・ビー・エム】 “脱Excel”でDB管理を効率化、「MRJ」開発を支える三菱航空機の情報共有基盤(UnitBase) 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
オペレーショナルでトランザクショナルな基幹業務に対応したエンタープライズNoSQLデータベースプラットフォーム。 やめられないExcelのファイル共有、もっとスムーズな情報共有を実現するには? 「Redis」実践解説:GCP上で冗長化と高速化を実現するための構成例 全てのデータソースへSQLでアクセス、データ構造の壁を超えるRDBMSとは? “脱Excel”でDB管理を効率化、「MRJ」開発を支える三菱航空機の情報共有基盤

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030108


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ