F5、仮想アプライアンス/ハードウェアのADC製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


F5、仮想アプライアンス/ハードウェアのADC製品を発売


掲載日:2010/06/09


News

 F5ネットワークスジャパン株式会社(F5)は、新たなアプリケーション・デリバリ・コントローラ(ADC)プラットフォーム製品で、ハイエンド・アプライアンス・シリーズ「BIG-IP 11050」/「BIG-IP 8950」と、仮想アプライアンス製品「BIG-IP Local Traffic Manager Virtual Edition」(BIG-IP LTM VE)の商用版とラボ版を、発売した。

 今回発売される仮想/ハードウェアADCでは、アプリケーション・デリバリ・ネットワーク(ADN)を構築できるハイブリッド型アプローチが可能。“F5 TMOSアーキテクチャ”を搭載しており、プログラム言語iRules/iControl APIの柔軟な機能と、F5のオンライン・コミュニティ・ポータル“DevCentral”のリソースを活用できるため、アプリケーション配信環境を包括的に可視化/管理できる。

 「BIG-IP 8950」のスループットは20Gbps、「BIG-IP 11050」は42Gbpsで、サービスプロバイダなどからのアプリケーション配信ニーズに対応できるほか、帯域幅を重視するアプリケーション・サービス配信を支援し、インフラのアップグレードにも適している。また、ニーズに応じて、アプリケーション・セキュリティなどのアプリケーション・サービスを統合でき、これらの機能を既存のADNハードウェア・プラットフォームに追加できるため、機能強化と適切なパフォーマンスを両立できる。

 「BIG-IP LTM VE」は、リソースが必要になった時点で迅速に導入/拡張され、アプリケーションをサポートするため、クラウドプロバイダは、特定のアプリケーション・ポリシーを顧客単位で適用し、顧客のビジネス優先事項に対応できる。また、アプリケーション配信ポリシーやステージング環境を強化し、テストラボで導入できるため、本番環境設定前にアプリケーションやネットワークを簡易に検証できる。また、SSLオフロードや圧縮などのADCサービス追加時の評価や、検証シナリオから本番へのシームレスな移行が可能になる。

 商用版には最大1Gbpsのスループットが提供される。また、ラボ版では「BIG-IP LTM」を使用した詳細な検証が可能で、アプリケーション開発、品質保証、本番前のシナリオ実行に適している。包括的なアプリケーション配信アーキテクチャ・プラットフォームの一部を構成し、F5の様々な製品ラインアップと統合された環境で稼働するほか、VMwareなどの主要な仮想化企業のソリューションもサポートする。


出荷日・発売日 2010年6月8日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ADC/ロードバランサ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ADC/ロードバランサ」関連情報をランダムに表示しています。

「ADC/ロードバランサ」関連の製品

最先端ADC「Alteon NGシリーズ」 【マクニカネットワークス】 Barracuda Load Balancer ADC 【バラクーダネットワークスジャパン】 PAS-K シリーズ 【パイオリンク】 Netwiserシリーズ ロードバランサー 【セイコーソリューションズ】 仮想ADC/ロードバランサー Brocade Virtual Traffic Manager 【SCSK】
ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ
クラウド事業者の2大課題【コスト削減と差別化】解消法を伝授 トラフィックを複数のサーバーへ負荷分散する機能やフェールオーバ機能などに加え、本格的なWAF(Web Application Firewall)機能を標準搭載した高機能なADC製品 PAS-Kシリーズは、負荷分散機能とセキュリティのための高性能処理、及び、拡張性を高めるために設計されたアドバンストADC製品。 中小規模システムに最適なロードバランサー。必要な機能に絞り低コスト導入可能。
CLIと同じ内容が設定できる日本語Web対応。
全国オンサイト保守など設定・運用面でも安心。
SSLアクセラレータを標準搭載する、仮想ADC(L7ロードバランサー/アプリケーション・デリバリ・コントローラ)。ソフトウェアベースのためクラウド・仮想環境に最適。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030090


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ADC/ロードバランサ > ADC/ロードバランサのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ