採用:YISS、システム基盤をCSK-ITMの郊外型データセンタに統合

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:YISS、システム基盤をCSK-ITMの郊外型データセンタに統合


掲載日:2010/06/08


News

 株式会社CSK-ITマネジメント(CSK-ITM)は、ヤンマー情報システムサービス株式会社(YISS)が、CSK-ITMの郊外型データセンタにシステム基盤を順次移設し、システム基盤を統合/集約したことで、グローバル対応の強化と10%以上のコスト削減を実現したと、発表した。

 YISSは、海外事業拡大に向けた基盤づくりや、顧客起点型ビジネスモデルへの変革活動といったヤンマーグループの経営方針を支えるITサービス基盤を整えると同時に、グローバル対応の強化とシステム運用コストの削減を図り、システム基盤の統合やBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)対応を実施すべく、システム基盤の統合と移設を実施した。

 メインフレームの撤廃を図り、2004年からシステム基盤の統廃合を進め、2009年に最後のメインフレーム2台を停止した。また、国内グループ会社8社/海外グループ会社6社が個別に持っていたシステム基盤を、国内1ヵ所に統合した。CSK-ITMの従量課金型ユーティリティ・コンピューティング・サービス「USiZE」を活用することで、短期間で統合できたほか、WindowsやLinuxの仮想化環境を構築し、システム運用コストを削減できた。

 2002年よりCSK-ITMの都市型データセンタを利用し、システム運用の標準化・効率化を実施してきたことで、システム障害件数が減少し、YISS社員がデータセンタで作業を実施することがほぼ不要となったことから、より信頼性に優れたCSK-ITMの郊外型データセンタへの移設を実施した。

 ヤンマーグループの海外拠点の“販売物流システム”/“お客様向け情報提供システム”を構築し、国内・海外のすべての拠点に対し、各種アプリケーションを24時間365日無停止でサービス提供可能とした。

 システム障害の減少により、サービスレベルが向上するとともに、データセンタ訪問回数が減少した。また、ヤンマー本社/YISSと同時被災を受けない立地へデータセンタを移設することで、事業継続性が強化された。システム基盤/システム運用にかかるコストも10%以上削減された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

Oracle DB環境をワンクリックで構築――DBのクラウド移行における最適解とは 【富士通】 マルチクラウド環境の遅延を解消、安全かつ最小リソースでの相互接続方法とは? 【エクイニクス・ジャパン】 1カ月でOracle DBをクラウド移行、東京センチュリーに学ぶスピード構築の秘訣 【富士通】 オンプレミスからの安易なクラウド移行は成功しない――移行/運用計画の注意点 【エクイニクス・ジャパン】 Oracle DBをクラウド化するメリット 攻めのITを実現した2社の事例を紹介 【富士通株式会社】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
Oracle DB環境をワンクリックで構築――DBのクラウド移行における最適解とは マルチクラウド環境の遅延を解消、安全かつ最小リソースでの相互接続方法とは? 1カ月でOracle DBをクラウド移行、東京センチュリーに学ぶスピード構築の秘訣 オンプレミスからの安易なクラウド移行は成功しない――移行/運用計画の注意点 3つの業務課題に効く「Oracle DB」のクラウド化、最適な実現法は

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030070


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ