センチュリー・システムズ、VPNルータの最上位モデルを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


センチュリー・システムズ、VPNルータの最上位モデルを出荷


掲載日:2010/06/08


News

 センチュリー・システムズ株式会社は、企業向けVPNルータ「FutureNet NXR」シリーズの最上位モデル「FutureNet NXR-1200」を、6月11日より出荷する。価格は、79万8000円となっている。

 「NXR-1200」は、1u(高さ44.45mm)ラックマウントサイズの筐体に、ギガビット対応のインターフェースを4ポート備え、ワイヤレートのフォワーディング性能を提供する。IPsecによるレイヤ3のVPN機能に加え、レイヤ2ソリューション向けにL2TPv3ベースで実現したトンネリング機能をサポートしている。また、冗長化機能や、ルーティングプロトコル、セキュリティ設定、運用設定で優れた相互運用性を備えている。更に、センタ装置向けに高性能化、最適化しているため、「FutureNet NXR」シリーズの全機能を活用できる。

 IP網上で、ブロードキャストやマルチキャスト、IEEE802.1Q TAG VLANを透過したい時に利用するレイヤ2VPNとしてL2TPv3機能を搭載している。更にIPsec機能と組み合わせてレイヤ2トンネルを暗号化できるため、運用管理の負担削減を図れる。また、ギガビット対応のインターフェース4ポートを、インターネット接続用、DMZ用、LAN用、監視用などにそれぞれ異なるポートを割り当てられるほか、柔軟なフィルタ設定と組み合わせて様々なシステム構成に対応できる。VPNのセンタ装置としては、レイヤ3では最大2048拠点、レイヤ2では最大1024拠点を同時に接続できる。

 ネットワーク接続では、PPPoEキープアライブ機能による回線の維持や、複数の回線を利用したバックアップ(二重化)が可能で、IPのレベルではVRRPやOSPF、BGP-4、フローティングスタティックによる冗長化をサポートしている。また、VPNでは、IPsec DPD機能によるIPsec接続の維持や、IPsecの二重化、L2TPv3のセッション二重化が可能。運用条件に合わせてこれらの機能を組み合わせることで、廉価でネットワークのダウンタイムの最小化を図れる。

 IPv6や精度に優れたトラフィック管理といったNGNに必要な機能をサポートしており、「フレッツ光ネクスト」と、同サービスを利用した低コスト型のIP-VPNサービス「フレッツ・VPNワイド」で利用できることが確認されている。また、企業での利用に求められる優れた運用性を備えており、リモート管理ツールからの一括管理に対応している。


出荷日・発売日 2010年6月11日 出荷
価格 79万8000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-VPN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-VPN」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-VPN」関連の製品

閉域ネットワークサービス EINS/MOW-DCAN 【インテック】
IP-VPN
ユーザ拠点とインテックのDCや各種クラウドサービスをシームレスに接続できる閉域ネットワークサービス。快適で信頼性の高いネットワークを低コストで利用できる。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030069


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ