ソフトイーサ、VPNソフトのオープンソース版を配布

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトイーサ、VPNソフトのオープンソース版を配布


掲載日:2010/06/08


News

 ソフトイーサ株式会社は、筑波大学との共同研究の一環として、VPN製品「PacketiX VPN」のソースコードをオープンソース(GPL)化し、オープンソース版VPNソフトウェア「UT-VPN」(University of Tsukuba VPN、筑波大学VPN)のダウンロード配布を、開始した。

 「UT-VPN」は、「PacketiX VPN 3.0」から、一部、権利関係の問題によりオープンソース化できなかった法人向け機能を除去し、学術実験的なコードを追加したバージョン。実験的なコードが多数含まれているため、動作が不安定な場合があるほか、商用サポートが提供されず、業務用途での使用は可能だが推奨されない。同社では製品版「PacketiX VPN」に対する学術実験版/ベータ版的な性質を持つソフトウェアであると位置付けている。

 バイナリパッケージ(コンパイル済みのインストーラ)のダウンロード配布が、「UT-VPN」プロジェクトのWebサイトで開始された。今回公開された「Ver 1.00 Build 7086」はWindows版のみの提供で、Linux/FreeBSD/Solaris/Mac OS X版は、6月下旬に予定されている次回のビルドで提供される予定。

 ソースコードのダウンロード開始は、2010年6月下旬を予定している。また、「INTEROP TOKYO 2010」の同社展示ブースでソースコードのCD-ROMを先着1000名に無償で配布する予定。

 C言語で記述されており、約21万行のプログラムコードから構成されている。GPLバージョン2という一般的なオープンソースライセンスに従って、誰でもソースコードをダウンロードし、改造し、再コンパイルして配布/販売できる。

 また、同社と筑波大学システム情報工学研究科産学間連携推進室は共同で、「グローバル固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービス」を開発・構築し、公開した。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-VPN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-VPN」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-VPN」関連の製品

閉域ネットワークサービス EINS/MOW-DCAN 【インテック】
IP-VPN
ユーザ拠点とインテックのDCや各種クラウドサービスをシームレスに接続できる閉域ネットワークサービス。快適で信頼性の高いネットワークを低コストで利用できる。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030068


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ