デンソーウェーブ、簡易業務ソフト搭載のデータ収集端末を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デンソーウェーブ、簡易業務ソフト搭載のデータ収集端末を発売


掲載日:2010/06/07


News

 株式会社デンソーウェーブは、バーコードハンディターミナル(携帯型データ収集端末)の新機種「BHT-900B」シリーズを、8月31日より国内市場で先行発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「BHT-900B」シリーズは、廉価で使い勝手に優れたエントリーユーザ向けモデルで、流通分野から物流分野、製造分野まで、業界を問わず様々な現場での活用を想定して開発されている。流通分野では店舗・バックヤードの棚卸・入出荷検品での用途、物流分野では倉庫での入出庫検品・ピッキング・1:1照合での用途、製造分野では製造工程管理・1:1、1:nの照合での用途など、様々な場面で業務の効率化を支援する。

 環境に配慮しており、三洋電機株式会社の繰り返し充電が可能な「eneloop」に対応しており、使い捨てのアルカリ乾電池に比べ“エコ”に運用できる。アルカリ乾電池も使用できるため、「eneloop」を充電している間などにはアルカリ乾電池で運用することで、業務を中断せずに継続できる。また、初めてハンディターミナルを導入するユーザを支援するため、容易に実績収集と照合の業務を行なえるソフトウェア「EASY PACK Ad for BHT-900」を標準搭載しており、棚卸や検品などの実績収集や照合作業を、購入後直ちに行なえる。

 バーコードの読み取りには、新開発の小型高画素CCDラインセンサを採用し、1秒間に最高約200回のスキャンが可能な、小型エンジンのアドバンストスキャンを搭載しており、狙ったバーコードを容易/迅速に読み取れる。その他、読み取り口をバーコードにタッチすることで容易に読み取れる“タッチ読み取り”に加え、離れた場所からでも高速なスキャンが可能。更に、GS1 DataBar(RSS)の読み取りに対応しているほか、かすれや汚れのある粗悪バーコードに対しても、優れた読み取り性能を備えている。

 1.2m(コンクリート面)×60回の落下耐久に加え、IEC国際規格の保護等級IP54を達成しており、堅牢性に優れている。樹脂キーボードを採用しているため、外観を損なわずに、長く使用できる。また、騒音下でも読み取りを知らせる“バイブレータ機能”、直接PCとケーブルで繋ぎデータ転送や充電が可能なUSBといった機能を本体に内蔵している。

 今後はラインアップ機種として、携帯プリンタや携帯電話との無線接続を実現するBluetooth搭載の「BHT-904BB」や、バッチモデルの「BHT-904B」を順次発売する予定。


出荷日・発売日 2010年8月31日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ハンディターミナル」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ハンディターミナル」関連情報をランダムに表示しています。

「ハンディターミナル」関連の製品

AsReader 【アスタリスク】
ハンディターミナル
iPhone/ iPod touchに装着して活用できる、ケース型のバーコードスキャナ及びRFIDリーダー/ライター(UHF帯)。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20030057


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > ハンディターミナル > ハンディターミナルのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ