提携:ノベルなど、データセンタ向け大容量DR/バックアップ提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ノベルなど、データセンタ向け大容量DR/バックアップ提供


掲載日:2010/06/03


News

 ノベル株式会社とクロス・ヘッド株式会社は協業し、大容量ディザスタリカバリ(DR)/バックアップソリューション「Smart System Recovery Platform」(SSRP)を、クロス・ヘッドを通じて発売する。価格は、個別見積となっている。

 今回の協業は、ノベルのDR/バックアップ向けハードウェアアプライアンス「PlateSpin Forge」と、ネクサン テクノロジーズ社製のストレージ「SATABeast」と「SATABoy」との接続の共同検証を完了したことによるもので、DRサイトのプライベートクラウド化を目指す大企業や、DRシステムのクラウドサービスを行なうクラウド事業者(通信事業者やデータセンタ事業者)、大量データのバックアップを必要とする放送局などを対象に提供される。なお、クロス・ヘッドが「SSRP」の提供と関連コンサルティングを行ない、ノベルが「PlateSpin Forge」の技術サポートを行なう。

 「SSRP」は、「PlateSpin Forge」を活用することで、既存のDRソリューションの課題に対応する。また、最大84TBのディスクを搭載できる大容量ストレージを実現しながら、高密度ストレージを使用することで設置効率に優れる。

 「PlateSpin Forge」は、煩雑な設定作業が不要で、1台で最大25台までの複数サーバを保存・一元管理でき、DRの作業負荷の削減を図れる。また、一般のDRソリューションで使用される待機サーバとそれに必要なOS/ソフトウェアのライセンス費用も不要なので、従来の手法に比べ低コストで運用できる。また、ノベルの仮想化移行技術を使用して、仮想・物理の環境を問わず対象サーバのデータを内部の仮想マシンにワークロードごとバックアップし、データの同期を行なえるため、障害などが発生した場合は「PlateSpin Forge」にあるバックアップ・データを使用して即座に業務継続を行なえる。元のサーバが復旧した際にはそのデータを元のシステムに戻すことで、容易にDRを行なえる上、サーバが新しくなった場合も復元できる。


出荷日・発売日 2010年6月1日 発売
価格 個別見積

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップサービス」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップサービス」関連の製品

リスク管理を統合する「事業継続マネジメント」の7つのポイント 【日本アイ・ビー・エム】 Yahoo! JAPANの大規模データ保護、導入・保守コスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 クラウドでDR対策する利点:ニフティのDRaaS実用例から探る 【ニフティ】 クラウドバックアップサービス 【NEC】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】
バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス
事業継続マネジメント、合格ラインはわずか17%――解決策を伝授 バックアップ製品の性能差でここまで変わる――Yahoo!Japan事例 クラウドでディザスタリカバリー対策する利点:ニフティのDRaaS実用例から探る パブリッククラウド(Windows Azure)を利用することでコストを抑えつつ、NECのサービス提供・サポートにより、安心して使える遠隔地バックアップサービス。 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029998


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ