NTT東西、「ひかり電話」利用の帯域確保型データ通信などを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT東西、「ひかり電話」利用の帯域確保型データ通信などを提供


掲載日:2010/06/02


News

 東日本電信電話株式会社と西日本電信電話株式会社(NTT東西)は、「フレッツ 光ネクスト」で「ひかり電話」を利用中のユーザ向けに、電話番号(0AB〜J番号)を利用した帯域確保型のデータ通信サービス「データコネクト」の提供を、開始した。

 「データコネクト」は、従量課金で、安全/安定的なデータ通信を電話番号を使用して行なえるサービス。高画質な画像を高速/廉価に送受信可能なFAXや、POSレジからの売り上げ情報の送受信など、個人・企業を問わず利用できる。

 電話番号を利用して宛先を指定する1対1の通信形態なので、接続先の指定が容易で、NGNを利用しているため、秘匿性に優れた安全な通信を行なえる。また、NGNのQoS制御機能を使用した帯域確保型通信なので、ほかの通信に影響されずに、安定的な通信を行なえる。30秒単位の課金を採用しており、短時間利用にも適している。

 また両社は、「データコネクト」に対応し、高品質の多地点テレビ電話会議などにも利用できる大容量・多チャネルのセンタ拠点向け光IP電話サービス「ひかり電話ナンバーゲート」を提供開始し、「ひかり電話」のサービスラインアップの充実を図る。

 「ひかり電話ナンバーゲート」は、サービス提供事業者(ASPなど)や企業向けのサービス。大容量帯域メニューが100Mbpsから800Mbpsまで100Mbps単位で8種類用意されている上、帯域確保による安定的な通信を行なえる。「データコネクト」に加え、高品質の多地点テレビ電話会議など、大容量の帯域が必要な利用用途に応じて適切なメニューを選択できる。

 1契約につき、チャネルと番号をそれぞれ1つ含むほか、付加サービスの「複数チャネル」/「追加番号」を申し込むこと(付加サービス利用料が別途必要)で、最大で200チャネル100番号を利用できる。また、付加サービスとして、「複数チャネル」/「追加番号」/「ナンバー・ディスプレイ」/「ナンバー・リクエスト」/「迷惑電話おことわりサービス」/「フリーアクセス・ひかりワイド」/「特定番号通知サービス」を利用できる(付加サービス利用料が別途必要)。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029985


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ