SAPジャパン、温室効果ガス排出管理ソリューションの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、温室効果ガス排出管理ソリューションの新版を提供


掲載日:2010/06/02


News

 SAPジャパン株式会社は、温室効果ガス排出規制を遵守し、エネルギー消費の削減余地を特定するためのソリューション「SAP Environmental Compliance」の新版の提供を、開始した。

 「SAP Environmental Compliance」は、温室効果ガスやVOC(揮発性有機化合物)の排出量やエネルギー消費の現状を、製造工程での装置・工程レベルで可視化する。また、製造現場システムとの連携や製造データをリアルタイムで可視化する「SAP Manufacturing Integration andIntelligence」と連携することで、各種生産制御システムからエネルギー消費データを自動的に収集し、エネルギー削減できる余地を特定し、コスト削減を図る。そして、排出関連法規制要件と規制逸脱への対応の文書化や、ワークフローによるデータ入力作業のスケジュール化、作業進捗の可視化などにより、グローバル拠点の排出管理プロセスの標準化を支援する。

 今回の新版では、「SAP BusinessObjects BI」との連携強化により、分析機能やレポーティング機能を拡張した。具体的には、即座に検索・分析が可能な「SAP BusinessObjects Explorer」と連携することで、エネルギー消費データを生産ライン/装置/製品カテゴリ/製造工程/時間帯などの異なる軸から自由分析を提供可能となり、排出の原因となる高エネルギー消費の事象について把握できる。これにより、排出管理担当者がエネルギー消費を抑制し、排出削減するための意思決定を支援する。

 動的なダッシュボードでビジュアル化を可能にする「SAP BusinessObjects Xcelsius」と連携することで、マネジメント上重要なサマリ情報を優れた表現力で可視化できる。これにより、問題個所の特定を容易にし、迅速な対応を支援する。また、レポーティング機能の強化として、「SAP BusinessObjects Crystal Reports」と連携することで、規制などで定められた開示用報告書の作成が容易となり、報告書作成の負荷を軽減し、作業効率の向上を図れる。

 なお同ソリューションは、環境・安全・衛生に関する規制対応やコンプライアンスの遵守をサポートする「SAP Environment,Health,and Safety Management」の1機能として提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

統合IT資産管理ツール QND 【クオリティソフト】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
クライアントPCの現状把握や台帳作成などの基本的な資産管理や、セキュリティ管理、ライセンス管理、PC操作ログ取得、外部メディア制御など、総合的な管理が可能。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029984


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ