採用:日本証券テクノロジーが検索システムにJSの製品を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:日本証券テクノロジーが検索システムにJSの製品を導入


掲載日:2010/05/31


News

 株式会社ジャストシステム(JS)は、日本証券テクノロジー株式会社が構築した、社内ドキュメントやWebコンテンツ、開発・運用に携わるシステムのソースコードを、効率的に探し出すための大規模検索システムの検索エンジンとして、「ConceptBase Enterprise Search」が導入されたと、発表した。

 日本証券テクノロジーは、証券業界のシステムの設計・開発、保守・運用サービスを中心に事業を展開する証券系システムインテグレータ。様々な大量のドキュメントが社内のファイルサーバに蓄積されているが、検索のヒット率が悪く、業務に支障をきたすという課題があった。また、ファイルサーバの容量はすでにTBまで増えており、目的のドキュメントを探し出すことに時間を要するようになっていたため、新しい検索システムの構築を検討していた。

 新検索システムの構築で重視されたのは、TB級の大容量データへの対応と、ドキュメントを確実に探し出す検索精度の高さ、検索スピードの速さだった。複数のエンタープライズサーチ製品を比較検討した結果、すべての要件を満たしていた「ConceptBase Enterprise Search」が採用された。

 新検索システムにより、部門共有フォルダが“見える化”された上、全社の共有ファイルサーバを対象にした検索が可能になった。検索ヒット率は大きく向上し、高く評価されている。更に、日本証券テクノロジーが所有する膨大なソースコードの検索に適用範囲を広げ、プログラム改変にともなう影響調査を行なうための情報収集業務にも利用されており、従来は10時間以上の時間がかかっていたソースコードの検索が十数秒で完了するようになった。

 日本証券テクノロジーでは、社内ポータルサイトに「ConceptBase Enterprise Search」の検索窓を追加するなどの工夫を行なっており、更に全社利用を促しながら今後も適用範囲を拡大していく予定になっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ検索ソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ検索ソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データ検索ソフト」関連の製品

Neuron 【ブレインズテクノロジー】 全文検索・情報活用システム QuickSolution 【住友電工情報システム】 高速全文検索システム REX-File・Finder 【寿精版印刷】 データベース検索/更新ツール SkyLink 【イースト】
データ検索ソフト データ検索ソフト データ検索ソフト データ検索ソフト
先端OSS技術(Apache Solr)を活用することで、コストメリットを高めつつ、セキュリティ/管理機能を補完することで、“企業向けに特化”した検索エンジン。 20TBのファイルサーバを1台のサーバで高速セキュア検索できる全文検索システム。NotesやRDBに対応。サムネイル/ビューワ、共有タグ、Know-Whoで情報活用。 検索結果をイメージで見ながらファイルを探せる高速全文検索システム。ファイルサーバ、NAS、文書管理システムの検索エンジン、エンタープライズサーチとしても使用可能。 ノンプログラミングで使用できる、検索性・操作性に優れたデータベース検索/更新アプリケーション。様々なデータベースに対応。Webブラウザからもデータ検索を行える。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029957


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > データ検索ソフト > データ検索ソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ