ジェイズ・コミュニケーション、「Trustwave NAC」の新製品発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ジェイズ・コミュニケーション、「Trustwave NAC」の新製品発売


掲載日:2010/05/31


News

 ジェイズ・コミュニケーション株式会社は、米Trustwave Holdings,Inc.開発のオールインワンエンドポイントセキュリティアプライアンス「Trustwave NAC」で、「MAX-100」/「MAX-250」を、6月1日より発売する。

 「Trustwave NAC」は、“おとりホスト”や検知エンジンを利用し、怪しいふるまいをするネットワークノードを隔離する保護機能など、“認証、検疫、保護”の3機能を提供するエンドポイントセキュリティシステム。「MAX-100」は最大100エンドポイント、「MAX-250」は最大250エンドポイントを保護でき、エンドポイントセンサ機能、マネジメント機能、ACM(Advanced Compliance Module)機能を提供する。いずれも機能はまったく同等で、性能やハードウェアの違いにより、500エンドポイント未満を対象とする「MAX-500」を含む3モデルから選択できる。

 なお価格は、「MAX-100」が99万8000円、「MAX-250」が170万円(いずれも設置調整費別)となっている。


出荷日・発売日 2010年6月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

セキュア Web ゲートウェイ 【シマンテック】 自社のセキュリティは本当に安全? 疑似サイバー攻撃でリスクや脆弱性を可視化 【ラック】 信頼されたアプリが最も危険? ファイルレス攻撃も防ぐ“ゼロデイ防御”の秘訣 【シマンテック】 サイバー攻撃を受けてからでは遅い、自社のセキュリティの弱点を把握するには? 【ラック】 2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は? 【シンガポールテレコム・ジャパン】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
Webプロキシが次世代ファイアウォールより有効な理由〜Web脅威対策の基本 自社のセキュリティは本当に安全? 疑似サイバー攻撃でリスクや脆弱性を可視化 信頼されたアプリが最も危険? ファイルレス攻撃も防ぐ“ゼロデイ防御”の秘訣 サイバー攻撃を受けてからでは遅い、自社のセキュリティの弱点を把握するには? 2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029946


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ