NEC、設置面積と消費電力を低減した基幹業務サーバなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、設置面積と消費電力を低減した基幹業務サーバなどを発売


掲載日:2010/05/28


News

 日本電気株式会社(NEC)は、基幹業務サーバ「ACOS」シリーズ「i-PX9000」で、設置面積と消費電力を低減した新モデル「i-PX9000 モデル S300」を、6月30日(予定)より出荷する。

 今回出荷されるのは、従来の「ACOS-4」中型機「i-PX9000 モデル S200」の後継機種で、最下位機種「i-PX9000 モデル S311」から最上位機種「同 S3A4」までの計13機種。主要コンポーネントの実装最適化に加え、電気チャネルと光チャネルの各I/Oプロセッサを統合した“統合I/Oプロセッサ”を新たに開発したことで、従来は本体に外付けしていたI/Oプロセッサ筐体が不要となり、従来に比べ、設置面積を半減し、消費電力を約20%低減した。

 新たに開発した基本ソフトウェア“ACOS-4/MX”を搭載したことで、オープンシステムとの親和性が更に向上した。従来の「ACOS-4」上の基幹DBへオープンサーバから直接アクセスする機能に加え、オープンサーバ上のDBへ「ACOS-4」から直接アクセスする機能を提供する(オープンサーバ上に、連携して動作する「OpenDataAccess/Server」が必要)。これにより、DBが「ACOS-4」/オープンシステムのいずれにあってもシームレスなデータ処理が可能となる。なおシステム価格(標準レンタル料金)は、周辺装置(ストレージ、仮想テープ装置)を含む最小システム構成で月額216万円からとなっている。

 また同社は、「i-PX9000」用の中小型ストレージの新製品「iStorage A2700」を、発売した。「iStorage A2700」は、災害対策ソリューションの遠隔バックアップ機能で、帯域保証された広帯域WAN回線に加え、新たに廉価なベストエフォート型のWAN回線に対応した。夜間バックアップなどのリアルタイム性を求めないバックアップ業務に適用することで、運用コストを抑えた遠隔バックアップが可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 Office 365のバックアップに対応「Acronis Backup 12 Update3」 【アクロニス・ジャパン】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 クラウドへ移行した途端、バックアップを止めてしまうのはなぜ? 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029917


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ