採用:帝人の全社会計システムでアビームとNECが基盤構築を支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:帝人の全社会計システムでアビームとNECが基盤構築を支援


掲載日:2010/05/25


News

 アビームコンサルティング株式会社(アビーム)と日本電気株式会社(NEC)は、帝人株式会社が全社会計システムを刷新する“プロジェクト G-ONE”で、基幹業務ソフトウェア「SAP ERP」を採用し、アビームとNECが新システム基盤構築の支援を行なったと、発表した。

 帝人では、グローバル市場での競争優位性の確立・維持のために、M&A、ガバナンス、事業ポートフォリオ変革、会計制度変更などの時代からの要請に対応する、グローバルグループ基盤システムの構築を進めている。今回のプロジェクトは、合成繊維、化成品、医薬医療など、業種・規模が異なる帝人グループ各社を対象に、財務会計、管理会計、税制、ガバナンスなど広範囲のスコープに対して、多言語・多通貨で対応するERPシステムを同時に導入するという大規模なもの。

 同プロジェクトでは、インフォコム株式会社がデータウェアハウスを、NECがプロジェクト全体統括とインフラ全般を、アビームがプロジェクト全体推進と基幹業務ソフトウェア「SAP ERP」、「SAP BusinessObjects Planning and Consolidation」(SAP BPC)などの導入を主に担当した。また、アビームのプロジェクト方法論“ABeam Method”に準じて、プロジェクトの全体計画から要件定義、設計・開発、テスト/移行、稼働後支援までのプロジェクト全工程が進められた。

 協業フレームワークを確立し、一体的にプロジェクトを進めたことで、2008年10月の要件定義開始から15ヵ月でシステムが稼働、2009年12月より予算系の稼働が開始され、2010年4月には実績系の稼働がグループ34社で開始された。また帝人グループ内で同時進行していた、ほかのSAP導入プロジェクトと連携を図り、同時稼働を実現した。今後、帝人グループのグローバル拠点への展開も計画されている。

 今回のシステムでは、「SAP BPC」など先端ソリューションを活用することで予算編成業務の効率化を図ったほか、システム機能の改善が図られた。また、SAPの標準機能を活用したソリューションを適用したことで、様々な分析軸での損益管理が可能になった。「SAP BPC」を活用することで、ユーザフレンドリーなシステムが構築された。また、NEC製ブレードサーバ「Express5800/SIGMABLADE」を採用したことで、冗長性を抑えながら、システムの安定性を確保、各社にまたがる基幹システムの基盤として安定性と可用性を重視したインフラ環境が構築された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

経費精算ワークフロー for SuperStream-NX 【キヤノンITソリューションズ】 資金管理 決済ソリューション 「BankingGate」シリーズ 【NTTテクノクロス】 MJS_会計システムソリューション 【ミロク情報サービス】 ZeeM 会計 【クレオ】 資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 【キリバ・ジャパン】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
会計・人事ソリューションSuperStreamと連携して利用でき、将来的な拡張も可能な経費精算の申請・精算のソリューション。 リアルタイム送金を実現するBankingGate for ANSER-CLA、マルチバンク、システム連携でシームレスな資金管理を実現するBankingGate for eBAgentからなる決済ソリューション。 経理部門の負担をなくすには? 会計システム選定のヒントを公開 財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。 資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029866


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ