採用:SBT、資生堂にオーリックのアクセス解析製品を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:SBT、資生堂にオーリックのアクセス解析製品を導入


掲載日:2010/05/24


News

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は、株式会社資生堂に、オーリック・システムズ株式会社(オーリック)のパケットキャプチャ型リアルタイムアクセス解析製品「RTmetrics」を導入したと、発表した。

 資生堂では、顧客の声を企業活動に活用し、顧客満足度の向上を図るため、1995年にWebサイトを開設して以来、情報発信を行なっているほか、Webサイトを顧客との重要なコミュニケーションの接点(コンタクトポイント)として位置付けている。1997年に開始された“資生堂ネット会員”制度は、モニタへの参加やサンプルプレゼントの応募、利用者がパーソナル情報を閲覧できるマイページなどの会員専用サービスを通じて顧客経験価値が向上し、優良顧客とのきずな作りに寄与してきた。

 今後、顧客1人ひとりに合わせたきめ細かなサービスを提供する“One to Oneマーケティング”を推進するプラットフォームとしてWebサイトを強化するために、サイト上の顧客の行動をより的確に把握し、効果的なPDCAサイクル推進を支援するアクセス解析ツールの導入が求められていた。また、資生堂は携帯3キャリアで公式サイトを展開しているが、各サイトの運営者が容易に利用でき、更に全社統一の指標により、全サイトを横断的に分析・評価できる仕組みが求められていた。

 「RTmetrics」は、Webサイトに手を加えずに、ネットワークに流れるパケットデータから必要な情報を収集できるアクセス解析ツール。今回、月間数千万PVを超える大量アクセスをリアルタイムに解析できること、WebサイトのROI(投資対効果)を把握するための解析指標を提供できること、正確なアクセス動向を容易な操作で把握できること、同一指標で全サイトを横断的に分析・評価できること、Flashサイトの解析も可能なことが採用のポイントになった。

 また、「RTmetrics」の“Advanced Analytic Module”では、Webサイトを訪れるすべてのユーザの行動情報を効率的に蓄積することで、運営側の想定外だった来訪者の行動も解析できるため、来訪者の行動から、有用な知見(顧客知)を吸い上げて、製品開発やマーケティング戦略に反映するというアプローチが可能になることも、ポイントになった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029850


IT・IT製品TOP > WEB構築 > アクセス解析 > アクセス解析のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ