グレープシティ、OCR搭載のVisual Studio用コンポーネントを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


グレープシティ、OCR搭載のVisual Studio用コンポーネントを発売


掲載日:2010/05/24


News

 グレープシティ株式会社は、OCR機能を搭載したVisual Studio用コンポーネント「LEADTOOLS 16.5J Document OCR」と、各種プラグインとのセット製品「LEADTOOLS 16.5J Document OCR with Plug-Ins」を、6月30日より発売する。

 「LEADTOOLS 16.5J Document OCR」は、Visual Studio 2010に対応し、従来製品「LEADTOOLS Document Imaging」のすべての画像処理機能に加えOCRを搭載したエディション。FAXなどの光学デバイスから読み込んだ画像データや、各種の画像ファイルに含まれる文字/表/図を自動判別し、文字部分をテキストデータとして取得することができる。同製品のOCRはひらがな/カタカナ/漢字と英数字をサポートしており、TIFFやPDFのようなマルチページの画像や文書の文字情報も一度に読み取ることができ、認識したデータはTEXT/RTF/HTML/XML/DOC/DOCX/XPSとして出力できる。

 上位エディションの「LEADTOOLS 16.5J Document OCR with Plug-Ins」では、OCR機能を拡張する各種のプラグインが付属している。「フォーム認識Plug-In」は認識領域のテンプレート化を実現し、同じレイアウトの文書を連続してOCR認識する場合に読み取り領域を再利用できるため、定型文書の大量処理を効率化できる。また、OMRを利用したチェックボックスやマークシートの認識が可能な「マーク認識Plug-In」や、OCRで読み込んだデータをPDF化する「OCR PDF出力Plug-In」、バーコード認識の「Barcode Plug-In」が提供される。画像表示用コントロールや画像処理/注釈/補正といった機能は「Document Imaging」と同じものを備え、様々なプラットフォームに対応し、Windowsフォーム、ASP.NET、WPF、ネイティブアプリケーションを開発できる。

 なお価格は、「LEADTOOLS 16.5J Document OCR」の1開発ライセンスが54万円、「LEADTOOLS 16.5J Document OCR with Plug-Ins」が72万円などとなっている。


出荷日・発売日 2010年6月30日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029839


IT・IT製品TOP > PCソフト > OCRソフト > OCRソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ