提携:OKIとアビックス、デジタルサイネージの視認者分析ASP提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:OKIとアビックス、デジタルサイネージの視認者分析ASP提供


掲載日:2010/05/21


News

 沖電気工業株式会社(OKI)とアビックス株式会社は協業し、通行人数及び視認者分析が可能なデジタルサイネージ向け視認者分析ASPサービス「リアルなう」を、提供する。

 「リアルなう」は、店舗側に置いたセットトップボックスと映像センサにより、歩行者の通行人数、デジタルサイネージを見た人の数とその属性をパラメータ化し、ネット経由でサーバにアップするWebサービス。デジタルサイネージ媒体運営者は、「リアルなう」にアクセスし、自社の店舗と確認したい日時を指定することでその属性データなどのサービスを受けることができる。OKIの広告効果測定ミドルウェア「Signage Eye」を用いて、アビックスがアプリケーションを開発し、ASPサービスとして提供する。

 デジタルサイネージの視聴率を測定することで、効果検証に必要な詳細数値をレポーティング可能となり、屋外広告価値の向上を図ることができる。また、性別/年齢などのデータ解析を行なうことで、広告主に対して曜日や時間帯のターゲット情報を提供し、広告主が求めるターゲットマーケティングの支援も可能となるとともに、効果的なコンテンツの解析が可能となる。

 また、現地のセットトップボックスで映像センサの情報から認識分析処理により抽出された分析パラメータをサーバへ送信する方式のため、個人の映像情報などは保管されない仕組みであり、個人情報の保護に配慮した設計となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029834


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > デジタルサイネージ > デジタルサイネージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ