ネットマークス、データセンタITインフラの最適化サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットマークス、データセンタITインフラの最適化サービスを提供


掲載日:2010/05/20


News

 株式会社ネットマークスは、米バーチャルインスツルメンツと販売代理店契約を締結し、日本国内におけるデータセンタのストレージ投資最適化に関するコンサルテーションサービスを、提供する。

 バーチャルインスツルメンツは、SAN可視化ツール「バーチャルウィズダム」により、データセンタにおけるストレージ関連のダウンタイムの短縮や、SANネットワークやストレージ再配置による経費・固定資産の削減を可能とする、SAN環境可視化を実現・最適化するためのビジネスを行なっている。

 「バーチャルウィズダム」は、ファイバチャネルデータトラフィック収集を目的とするハードウェアと解析ソフトウェアから構成され、これらのツールは、データセンタ機器への影響を抑えながら、SANトラフィックに加えSANスイッチや仮想化OSの管理データをリアルタイムに収集し、また統計データとして表示することができる。

 ネットマークスでは、これらのデータを解析し、ユーザとともにシステムの最適化を進める。また、遠隔地での解析など、様々なサービスメニューが用意される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 System Center 2012 【日本マイクロソフト】 データセンターのサービスゲートウェイ拡張性を3シナリオで検証 【マクニカネットワークス】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用
5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 なぜ次世代インフラではストレージのサービス品質が重要なのか? 従来型サーバー/データセンタ/プライベートクラウド/パブリッククラウド/クライアント・デバイスをカバーする、IT基盤構築と運用のための統合された管理基盤 データセンター向けサービスゲートウェイを用いた検証レポートを公開 多様なアプリに対応できる単一のITインフラ パフォーマンスと運用効率を両立

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029808


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ