採用:ベネッセがアプリ開発基盤に「ひびきSm@rtDB」を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ベネッセがアプリ開発基盤に「ひびきSm@rtDB」を採用


掲載日:2010/05/20


News

 株式会社ドリーム・アーツとTIS株式会社は、株式会社ベネッセコーポレーション(ベネッセ)が、顧客対応業務の管理基盤として、ドリーム・アーツのアプリケーション開発基盤「ひびきSm@rtDB」(ひびきスマートDB)を採用したと、発表した。

 ベネッセは、基幹システムを含めた情報システムの刷新を行なっており、サポートセンタに寄せられた問い合わせや要望・苦情の内容を確実に社内の担当部門にエスカレーションし、対応を徹底するしくみを整備してきた。更なる顧客対応スピードと質の向上を図るため、従来は紙帳票で行なっていた問い合わせ発生後の顧客対応など一連の業務プロセスをシステム化することを決定した。

 システム化の基盤として、変化の速い非定形な業務プロセスのシステム化に適したWebアプリケーションの開発機能を備えるパッケージソリューション「ひびきスマートDB」が採用された。現場のスタッフでも容易に修正できるため、新サービスの提供や市場の変化に合わせて日々改善を繰り返す顧客対応業務に柔軟に対応でき、課題解決のスピードアップを図れると評価された。また、ベネッセの情報システム刷新の狙いである顧客データに紐づいた要望や動向の分析など戦略的な情報活用を通じて、顧客満足度向上とニーズに対応した新サービスの創出を支えるパーツとして期待されている。

 ベネッセの顧客対応業務のアプリケーション開発では、「ひびきスマートDB」を利用した顧客管理や文書管理などのアプリケーション開発の実績をもつTISが、要件定義から開発・構築までを担当し、付加価値の高いサービスを提供する。TISが「ひびきスマートDB」のパッケージ機能とカスタマイズのためのAPIを使用して業務アプリケーションの開発を担当する。SOA(サービス指向アーキテクチャ)基盤を介した基幹システムとの連携も可能なシステムとして、2011年5月からの運用開始を目指している。

 今回のシステム導入により、担当部門への業務依頼とその実施状況、顧客への応対履歴をDBに一元化できるようになるため、関係者が状況をリアルタイムに把握し必要な対応を迅速に行なえるようになる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 【AdRoll】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 【SAS Institute Japan】 広告効果の測定から活用まで、一気通貫のマーケティングで顧客の心をつかむ方法 【ロックオン】 顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例 【ロックオン】
CRM CRM CRM CRM CRM
「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 広告効果の測定から活用まで、一気通貫のマーケティングで顧客の心をつかむ方法 顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029803


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ