採用:ホームメイト、アクセスログを「Dr.Sum EA」で詳細に解析

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ホームメイト、アクセスログを「Dr.Sum EA」で詳細に解析


掲載日:2010/05/19


News

 ウイングアーク テクノロジーズ株式会社は、東建コーポレーション株式会社が、賃貸物件検索サイト“ホームメイト”の利用状況を分析するために、物件の詳細なアクセスログを検索できる新しいログ解析システムに、データ活用ソリューション「Dr.Sum EA」/「Dr.Sum EA Visualizer」を採用したと、発表した。

 東建コーポレーションは、土地活用に関わる総合建築事業を展開している。早い時期からIT投資に積極的に取り組んできており、これまで独自開発した“POSシステム”と呼ばれるログ解析の仕組みを使用していたが、検索条件が限定的であったため、詳細な分析ができない状況にあり、もう少し詳しい状況を知りたいという要望が挙がっていた。

 「Dr.Sum EA」は、以前はコーディングにより独自開発が必要だったドリルダウンの機能も標準機能として提供しており、開発生産性に優れていることが評価され、採用された。また、一般的なDBでは索引がないと検索が遅くなるが、「Dr.Sum EA」では様々な条件設定で高速にアクセスでき、同じレスポンスで情報が取得できることも評価された。更に、サーバライセンスの料金体系によって導入コストを抑え、1000ユーザが利用できるアクセスログ解析システムの構築を実現した。

 年間2億件に及ぶ“ホームメイト”のアクセスログを詳細に解析することで入居希望者のニーズを把握し、賃貸物件情報の提供元へ検索サービスを提供している。アクセスログ解析システム“アクセスチェッカー”は、アクセスログをベースに、仲介業務支援システム“Success21”より登録された仲介部門データ、検索サイトの掲載データの3つを抽出し、必要な条件で集計し、夜間バッチで「Dr.Sum EA」サーバに蓄積し、翌朝には前日のアクセス状況を分析できる環境が整えられている。問い合わせ件数や、お気に入りへの登録状況、印刷頻度、画像へのアクセス数などのアクセスログ情報を物件ごとに詳細に集計できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029788


IT・IT製品TOP > WEB構築 > アクセス解析 > アクセス解析のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ