ニューテック、最大データ転送速度を2倍に改善したRAID製品出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ニューテック、最大データ転送速度を2倍に改善したRAID製品出荷


掲載日:2010/05/18


News

 株式会社ニューテックは、新たに開発したコントローラ“Npro5”を搭載し、最大データ転送速度を従来比2倍に改善したRAID新製品「SupremacyII」を、6月より順次出荷する。

 「SupremacyII」では、ホストインターフェースとして、FC8G(8Gbpsのファイバチャネル)と、FCoE(10Gbpsのファイバチャネル・オーバー・イーサネット)、SAS(最大転送速度12Gbpsのシリアル・アタッチドSCSI)が用意される。ファイバチャネル・インターフェースの場合、従来の4Gbpsから8Gbpsへと最大転送速度が2倍に改善された。また、RAIDコントローラ内部で動作するファームウェアに関しては、従来製品のファームウェアを新コントローラに移植・再利用する方式で開発したため、従来製品と機能的な互換性を保ち、安定性にも優れている。

 FC8Gの製品は6月より、その他の製品は今夏以降に順次出荷される。また、引き続き2重化コントローラ対応製品も開発/製品化される。将来的には、姉妹製品「Supremacy NAS」のコントローラを“Npro5”に更新した「SupremacyII NAS」も製品化される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

実は間違い「企業とシステムの規模は比例する」そのワケは? 【日本アイ・ビー・エム】 データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ、選定ポイントは 【日本アイ・ビー・エム】 プライマリーよりも高性能? オールフラッシュの特性 【日本アイ・ビー・エム】 ストレージの「信頼性」、ここまで徹底している「止まらない」ための取り組み 【伊藤忠テクノソリューションズ】 ASUSTOR 企業向けNAS AS7009RDX 【ユニスター】
NAS NAS NAS NAS NAS
実は間違い「企業とシステムの規模は比例する」そのワケは? データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ その理由と製品選定のポイント セカンダリーなのにプライマリーよりも高性能? オールフラッシュの特性 ストレージの「信頼性」、ここまで徹底している「止まらない」ための取り組み エンタープライズ向けに設計された企業用ラックマウントモデルのNAS。ユニスターによるオンサイト・先出しセンドバックなどの保守も。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029752


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ