ビープラス、クラウド型行政文書目録管理システムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ビープラス、クラウド型行政文書目録管理システムを提供


掲載日:2010/05/14


News

 株式会社ビープラスは、官公庁向けクラウドソリューション「Government Plus」シリーズの第1弾として、クラウド型行政文書目録管理システム「Disclosure Plus」を、6月1日より提供する。

 「Disclosure Plus」は、地方公共団体が行なう行政文書管理業務のライフサイクルに合わせて設計されており、文書の収受、起案・供覧、施行を管理するほか、文書分類に基づく文書ファイルのリテンション管理機能も備えている。カスタマイズにも柔軟に対応できる。クラウド型で提供されるため、庁内へのサーバ設置は不要で、インターネットへの接続環境、Officeソフト(Word/Excel)、プリンタがあれば直ちに利用できる。また、起案・供覧鑑はWordに、管理帳票はExcelに出力されるため、作表物の二次利用も容易に行なえる。

 クラウド・コンピューティングの技術により、“庁内における文書管理機能”と“住民への文書目録公開機能”が提供される。“庁内における文書管理機能”と“住民への文書目録公開機能”とのシームレスな連携機能を備え、文書管理の効率性を図れる上、行政文書管理の本来の目的である住民への文書目録の公開機能が標準で提供される。なお、クラウド・プラットフォームには、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供する「Force.com」と「Force.comSites」を採用しており、サーバ不要ながらセキュリティ・信頼性・拡張性に優れたリアルタイム・プラットフォームの機能を利用できる。

 今後は、「Disclosure Plus Connect」(既に導入済みの文書管理システムとの連携による住民への文書目録公開機能)、「Disclosure Plus Advance」の“電子決裁オプション”も、順次提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 ATOK、一太郎で培われた言語処理技術を集結 校正支援ツールの劇的な効果_Just Right! 【ジャストシステム】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。 ペーパーレス化を促進し、働き方改革を強力サポート。
スピーディな全文検索&ワークフロー機能も搭載。
契約書・ISO文書管理の支援機能も豊富。
導入実績450社超え。
CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
A4文書100枚をわずか10秒で校正、品質と業務効率を両立する支援ツールとは?

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029722


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ