日立、ミッドレンジディスクアレイの中小システム向けモデル追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、ミッドレンジディスクアレイの中小システム向けモデル追加


掲載日:2010/05/13


News

 株式会社日立製作所は、ミッドレンジディスクアレイ「Hitachi Adaptable Modular Storage 2000」シリーズ(AMS2000シリーズ)に、仮想化技術により容量使用効率を向上できるボリューム容量仮想化機能を標準搭載し、中小規模システム向けに初期導入コストを抑えた新モデル「Hitachi Adaptable Modular Storage 2010」(AMS2010)を追加し、出荷した。

 「AMS2010」は、「AMS2000」シリーズのエントリークラスモデルとして、PCサーバなどで構築される中小規模システム向けに提供する製品。従来の同シリーズのコントローラなどの内部構造を活用し、信頼性/性能に優れたハードウェアを提供するとともに、データの遠隔コピー機能やバックアップ機能などもオプションで対応し、柔軟なシステム運用を可能にする。

 また、従来はオプション機能であったボリューム容量仮想化機能“Hitachi Dynamic Provisioning”が標準搭載で提供され、導入時から利用可能となっている。これにより、ディスクアレイの実装容量に依存せずにサイズの大きな仮想容量を定義できるため、複雑な容量設計が不要となる。ディスクアレイの容量使用効率を最大化し、投資対効果を向上するほか、ディスクアレイの省電力や運用管理コストの改善も支援する。このほか、製品の保守、安定稼働の支援を行なう製品保証期間が3年間に延長されている。

 なお価格は、デュアルコントローラ、ファイバチャネル 4ポート(4Gbps)、キャッシュメモリ 4GB、容量約285GBからの構成で175万5600円から(システム構成部品により価格は異なる。導入サービス費用などは別途必要)となっている。


出荷日・発売日 2010年5月13日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

徹底調査:今後3年で中小企業のデータ管理体制はどう変わる? 【ベリタステクノロジーズ】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 クラウド対応バックアップ製品で物理・仮想環境を一元管理 【ベリタステクノロジーズ】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 ディスクを丸ごとバックアップ・復元「Acronis Backup 12」 【アクロニス・ジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
【ITキーマン 906人に聞いた!】今やるべき”データ保護”とは 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 3ステップで簡単設定可能 バックアップ運用負荷を圧倒的に削減 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 クライアントPCのバックアップ軽視が招く、これだけの悲劇

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029699


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ