サイバートラストなど、メール暗号化サービスの暗号化方式を拡張

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイバートラストなど、メール暗号化サービスの暗号化方式を拡張


掲載日:2010/05/11


News

 サイバートラスト株式会社とデジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社は、協業して提供しているメール暗号化サービス「cybertrust sealed mail」の暗号化方式のバリエーションを拡張すると、発表した。

 「cybertrust sealed mail」では、メール暗号化専用鍵発行管理サービス「cybertrust sealed mail KMS」と、メールを暗号化したい企業に貸与されるメール暗号化ゲートウェイ「cybertrust sealed mail ES」が自動連携し、企業や組織から送信されるメールを自動的にS/MIME暗号化することで、メールの機密情報や個人情報の秘匿を図れる。メールの暗号化に特化し、電子証明書をメールの暗号・復号に使用する“鍵”と位置付けることで電子証明書の管理を簡素化し、S/MIMEに関わる利便性とコストの課題への対処を図れる。

 今回の機能拡張では、“添付ファイル分離暗号”/“件名キーワード暗号”が追加され、どちらか一方、または、両方式の組み合わせで利用できる。“添付ファイル分離暗号”は、添付ファイル付きメールを対象に、本文と添付ファイルの2つのメールに分離し、添付ファイルのみを暗号化する方式。“件名キーワード暗号”は、あらかじめ設定されたキーワードが、メールの件名先頭に記載されているメールを対象に暗号化する方式になっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。 OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029652


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ