オージス総研、認証基盤ソリューションをSalesforce製品に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オージス総研、認証基盤ソリューションをSalesforce製品に対応


掲載日:2010/05/10


News

 株式会社オージス総研は、同社の認証基盤ソリューション「ThemiStruct-IDM/WAM」が、株式会社セールスフォース・ドットコムの製品への対応を完了したと、発表した。

 「ThemiStruct-IDM/WAM」は、OSS(オープンソースソフトウェア)を用いたIT基盤ソリューション「ThemiStruct」の、IDM(ID管理ソリューション)とWAM(アクセス管理ソリューション)。IDMはアカウント情報の一元管理を、WAMはシングルサインオンを可能とし、統合的な認証基盤を構成する。SOA(サービス指向アーキテクチャ)の採用により多くのシステムとの連携を前提とし、1つの認証基盤で企業内のシステムとクラウドサービスをシームレスに連携できるため、利用者の安全性と利便性を向上できる。

 ソリューションの主要部分にはOSSを採用し、ベンダによる囲い込みを回避して既存のシステムが将来にわたって拡張性と柔軟性を確保できるように設計されている。また、ユーザ数による課金体系を取らないため、ユーザ数の増加による導入コストと運用コストを抑えることができる。企業内システムや、クラウドサービス、BtoCポータルサイトなどのID管理システム/アクセス管理システムの導入にともなう評価、分析、課題抽出と解決提案までをサポートする。

 今回、「ThemiStruct-IDM/WAM」と、セールスフォース・ドットコムのクラウド・アプリケーション「Salesforce CRM」/クラウド・アプリケーション開発基盤「Force.com」とのシステム間関連に関する製品化が完了した。オージス総研は、クラウドサービスの認証基盤として販売する。

 なお価格は、430万円から(年間サポート別途)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 430万円〜(年間サポート別途)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 高水準SSLサーバ証明書 SureServer/SureServer EV 【ソフトバンク コマース&サービス】 モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】 AXIOLE 【ネットスプリング】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 世界で高い評価を受けるSSLサーバ証明書。証明書の発行にありがちな煩雑な手続きを極力省き、確かな企業審査を行った信頼性の高い証明書をスピーディに発行する。 私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029635


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ